エバンスブログ

エバンスブログ

007な時計。OMEGA(オメガ) 「スペクター」と「コマンダー」(シーマスター)~NATOストラップが似合う限定ジェームズ・ボンドウォッチ~ 2020年11月30日

2020-11-30 10:30

今回のエバンスブログはOMEGA(オメガ) から、映画007シリーズにちなんだ2本の腕時計をご紹介。2015年の限定「スペクター(SPECTRE)」と2017年の限定「コマンダーウォッチ(Commander’s Watch)」。ともにNATOストラップが良く似合うダイバーズウォッチです。

追記12/14)話題の2020年新作「007エディション」のユーズドが入荷、最終ブロックにてご紹介しています。

 

この2本について

007スペクター007コマンダー

今回の2本 ■シーマスター300 「スペクター」 2015年限定 (233.32.41.21.01.001) ■シーマスター ダイバー300M 「コマンダーウォッチ」 2017年限定 (212.32.41.20.04.001)

スペクターもコマンダーも、それぞれ7007本の限定モデルなのですが、その位置づけが異なります。スペクターは、映画の中で着用された時計と同型のモデル。コマンダーは映画自体と連動していない007ロゴが入った時計。「着用モデル」と「記念コラボ」といったことになります。

さらに、スペクターは映画に向けて市販モデルの仕様を変えたという特別バージョン。それまでは、市販品のまま着用される事も多く、スペクターで初めて特別仕様の着用モデルが限定で販売されることとなりました。

 

007?

007シリーズは、1962年から50年以上続くスパイアクション映画。2021年4月公開予定の新作で25作目となる人気シリーズです。「007」は、イギリス秘密情報部 (MI6) の工作員であり、殺しのライセンスを持つ主人公「ジェームズ・ボンド」のコードネームに由来します。先日亡くなったショーン・コネリーから、現在のダニエル・クレイグまで、6人の俳優がボンドを演じており、様々な時計が着用されてきました。

 

007歴代の時計

007に登場したロレックス1007に登場したロレックス2

(007に登場したロレックスの例 ■1、ロレックス サブマリーナRef.6538 写真は1950年代品 ■2、ロレックス サブマリーナ Ref.5513 写真は1970年代後半品 ■3、ロレックス クロノグラフ (プレ デイトナ) Ref.6238 写真は1950年代品 ■4、ロレックス サブマリーナ Ref.16610 写真は1989年頃品)

007の時計ことボンドウォッチ。腕元を彩るだけでなく、時にはノコギリやレーザーカッターなど実際の時計にはないギミックも登場し、映画を盛り上げてきました。

初期には、ロレックス(サブマリーナRef.6538やRef.5513、プレ デイトナRef.6238等)が7作品ほどに登場し、他にグリュエン、ブライトリングのトップタイム、ハミルトンのパルサーなどが映画の中で着用されていたようです。

1970年代後半から1980年代中頃には、セイコーのデジタル時計やテレビウォッチ、ダイバーズウォッチ等が5作品で活躍。その後、タグホイヤーのナイトダイバーやロレックス サブマリーナ(Ref.16610)も登場。1995年以降の8作品では、オメガのシーマスターシリーズから時計が選ばれています。

原作小説でのボンドはロレックスということもあり、「真のボンドウォッチは、ロレックスか?オメガか?」で007ファンの意見は割れるのだとか。

 

NATOストラップ?

007スペクターのNATOストラップ007コマンダーのNATOストラップ

(スペクターとコマンダーのNATOストラップ。OMEGA独自のNATOストラップを使用している)

今回の2本で採用されている「NATOストラップ」は、ナイロン製の腕時計ベルト。英国国防省の官給品向けに、フェニックス(PHOENIX)社が作っていた軍用の時計ベルトが元祖です。NATO(北大西洋条約機構)軍での装備品ナンバーから「NATO G10 ストラップ」と呼ばれるようになりました。

1964年の第3作「007 ゴールドフィンガー」で、ショーン・コネリーがROLEX サブマリーナ(Ref.6538)に、黒&グレー※ストライプ(&細い赤ライン)のNATOベルトを着用していたことから「ボンド仕様」「JB仕様」として広く知られるようになりました。
(※グレーでなく、オリーブグリーンという説もあるそう)

 

オメガと007

007に登場したオメガ1007に登場したオメガ2

(007に登場したオメガの時計 例 ■1、シーマスター ダイバー300M(2531.80)、■2、シーマスター プラネットオーシャン600M(2201.50) ■3、シーマスター アクアテラ(231.10.39.21.03.001) ■4、シーマスター300 “スペクター”(233.32.41.21.01.001)

1995年の「007ゴールデンアイ」以降、007の時計がオメガに変わったのには、2つの理由があるそう。この映画から登場した5代目俳優のピアース・ブロスナンがオメガのアンバサダーだったこと、衣装デザイナーが海軍出身のボンドにオメガのダイバーズウォッチが合っていると判断したことが影響したようです。

シーマスター300m クォーツ(2541.80)から始まり、ダイバー300m(2531.80など)、プラネットオーシャン600m(2201.50など)、アクアテラ(231.10.39.21.03.001など)、シーマスター300″スペクター”といったモデルが、8作品の中で登場しています。

ここからは今回の2モデルをご紹介します。

 

スペクター

スペクタースぺクターと元モデル

(■ロリポップ秒針が目を惹く「スペクター」 ■右のベースモデルと比較するとロゴが大きく、さりげない特別感)

こちらの「スペクター」は、2015年の映画「007スペクター」で登場した特別仕様。スペクターは、ボンドの敵であり最大の秘密犯罪組織のこと。著作権の問題で、映画の中では34年ぶりの復活だったそう。

スペクターモデルのベースとなったのは、2014年に発表された「シーマスター300 マスターコーアクシャル」。1957年の名作「シーマスター300」の復刻モデルです。セラミックベゼルにリキッドメタル(ジルコニウムベースの合金)の数字や、15,000ガウスの超高耐磁ムーブメント(Cal.8400)を採用、レトロな外観に最新の技術を組み込んだハイブリッドな復刻シーマスターでした。(ベースモデルは現在も発売中)

 
スぺクター(裏蓋とムーブメント)スペクター付属

(■シースルーバックでありつつ、驚異の高耐磁を実現している「マスター コーアクシャル」ムーブメント ■特別ボックスに交換用ブレスレットや工具等の付属品)

スペクターでは、そのステンレス素材のモデルをベースに、0~11の数字が入った両回転ベゼル、ロリポップ針と呼ばれる先の丸い秒針などに変更。中でも文字盤の12の数字をなくし大きめになったロゴマークとボンド仕様のNATOストラップで、元モデルと異なる存在感を醸し出します。

もちろん、007映画の中でもこのスペクターと同じ時計が大活躍。交換用ブレスレットを始めルーペや工具など、限定モデルならではの付属品も充実しています。

シーマスター300 スペクター

「OMEGA シーマスター300 マスターコーアクシャル “スペクター”限定 (未使用品)」
(2015年、限定7007本、41mmサイズ、自動巻き、15,000ガウス耐磁、交換ブレスレット等が付属)

 

コマンダー

コマンダー(007の針)コマンダーと元モデル

(■007付きの秒針が時を刻む「コマンダーウォッチ」 ■元モデルと違いベゼルが2色。赤い部分はラバー)

こちらの「コマンダーウォッチ」は2017年のモデル。コマンダーは「中佐」を意味します。ジェームズ・ボンドが英国の海軍中佐出身で、007映画の3作品に制服姿で登場していることにちなんだ限定モデルです。

コマンダーウォッチのベースとなったのは、2011年に発表された「シーマスター ダイバー300M」。波模様のないフラットな文字盤に変わり、セラミックベゼルを採用したモデルで、黒文字盤も登場。このダイバー300Mは、2018年にモデルチェンジを行っており、こちらは先代となります。(→参考:当社ブログ:先代と現行の新旧比較)

 
コマンダー(裏蓋とムーブメント)コマンダー付属

(■シースルーバックからは階級章をイメージした007仕様のローターも見える ■特別ボックスにブレスレット、工具、バッジが付属)

コマンダーでは、定番モデル(青、黒)にはなかった、白文字盤とシースルーバックを採用、英海軍カラーの青・赤・白でまとめられています。007ロゴが入った秒針のカウンターウェイト部分、付属のバッジなど、各部に007や海軍のイメージを反映。3色ストライプのNATOストラップで軍用感を出しつつ、爽やかな雰囲気に仕上がっています。

ムーブメントはコーアクシャルムーブメント(Cal.2507)で、ローターはジェームズ・ボンドの階級章を模した仕様。こちらのモデルもブレスレットが付属しますので、付け替えて楽しむことができます。

シーマスター ダイバー300M コマンダーウォッチ

「OMEGA シーマスター ダイバー300m コーアクシャル ”コマンダーウォッチ” (中古)」
(2017年、限定7007本、41mmサイズ、自動巻き、交換ブレスレット・工具・ピンバッジが付属)

 

魅力の2本、どうぞ。

スペクター着用例コマンダー着用例

(腕周り16.5cmのスタッフが着用してみました)

007にちなんだ2種類のシーマスター、いかがだったでしょうか?復刻版の特別仕様とレギュラーモデルのアレンジ版。周りからは判りにくいかもしれませんが、実は映画にも出た特別仕様という「スペクター」、パッと見た人に007ウォッチと分かりやすい「コマンダー」。ともにストライプのNATOストラップがいい仕事をしていますね。

 

追記:2020年新作「007エディション」入荷!

2020年新作 007エディション007エディションと現行シーマスター ダイバー300

(■布製の特別ケースが付属 ■現行ダイバー300 (210.30.42.20.01.001) とは異なる雰囲気を醸す)

ところで、2021年春に公開延期となった最新作「007ノー・タイム・トゥ・ダイ」に登場する「シーマスター ダイバー300M ”007エディション”」が既に発売されているそう。現行のダイバー300mをベースに、主演ダニエル・クレイグや映画スタッフたちの意見を取り入れ、チタン製のケースやメッシュベルト、アルミ製ダイアルやベゼルなど、ヴィンテージ&ミリタリー感があふれる新作007ウォッチとなっています。こちらはスペクターとは違い、限定ではないのですが、入手が難しい1本となっています。

2020年新作 007エディション

その「007エディション」のユーズドが当店に入荷いたしました。ヴィンテージ感のある趣きでいい感じです。(2020年12月14日)

2020新作 007エディション

「OMEGA ダイバー300M マスタークロノメーター “007エディション”(中古)」
(2020年新作、42mmサイズ、15,000ガウス耐磁、未使用NATOストラップも付属)

銀座エバンス


エバンス オンラインショップ


(※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、営業時間を変更しています。→詳細ページへ