エバンスブログ

エバンスブログ

案外違う。39mmと41mm。「TUDOR(チューダー) ブラックベイ フィフティエイト ネイビーブルー Ref.79030B」2021年6月14日

2021-06-14 11:00

今回のエバンスブログは、「TUDOR(チューダー) ブラックベイ フィフティエイト ネイビーブルー Ref.79030B」をご紹介。ロレックスの兄弟ブランド「チューダー」の主軸となるダイバーズコレクションから、小さめ39mm径で、2020年に加わった新色です。後半で、定番41mmモデルとの比較も行います。

 

ブラックベイ フィフティエイトの概要

チューダー ブラックベイ フィフティエイト ネイビーブルー 79030Bブラックベイ フィフティエイト ブラック79030Nとネイビーブルー79030B

(今回の時計、39mmサイズの「ブラックベイ フィフティエイト」。ステンレス素材は、ネイビーブルーとブラックの2色展開。ブレスレットでなくレザーやナイロンのベルト仕様も存在します)

2018年に誕生した「ブラックベイ フィフティエイト(Black Bay Fifty-Eight 以下「58」と略します)」。58は、着想元となったチュードル初の200m防水ダイバーズモデル「ビッグクラウン」(Ref.7924)の発表年「1958」のこと。従来より2mm小さい39mmサイズで、このモデルの為に新開発された自動巻きムーブメント(MT5402)を搭載したモデルとなります。

そして、こちらの「ネイビーブルー」は2020年の新色。1970年代のフランス軍向けダイバーウォッチを思わせる雰囲気あるブルー色を採用。従来の黒とは異なる洗練された雰囲気で、人気となっています。

 

チューダー(チュードル)

ロレックスの兄弟ブランドである「TUDOR(チューダー)」。日本ではかつて「チュードル」と呼ばれていました。ロレックスの外装に汎用ムーブメントを搭載した廉価なモデルで、一部に知られていたブランドでした。

2018年の日本再上陸を機に、「チューダー」と呼び名を変更。ロレックスには存在しないオールブラックのモデルなどで独自の路線を強化。武骨で、懐かしいけれど、新しい。そんな腕時計を作るスイスのウォッチブランドとして、注目が高まっています。

 

ブラックベイ

ブラックベイ:41mmとクロノブラックベイ:デイトとポリッシュベゼル

(ブラックベイシリーズから ■1 定番41mmサイズ ■2 クロノグラフ仕様 ■3 日付表示付き ■4 ポリッシュベゼルの3針)

チューダーのメインシリーズである「ブラックベイ」。過去のモデルに着想を得たヘリテージシリーズの一つとして、2012年に加わったダイバーズモデルです。1960年代のダイバーズウォッチに見られた「イカ針(スノーフレイク)」や大きめのリューズ、アルミのベゼルプレートなどが特徴です。

2016年から自社開発のムーブメントを搭載、クロノグラフやGMTモデル、セラミックやブロンズ素材のモデルなど、過去になかった仕様も加わり、ラインナップを広げてきました。

ではここで、今回の58に繋がる「日付なし&回転ベゼル&3針」のブラックベイの歴史を振り返ってみましょう。

名称・型番(Ref.) ブラックベイ41mm Ref.79220
ブラックベイ (初代)
Ref.79220
ブラックベイ41mm Ref.79230
ブラックベイ (2代目=現行)
Ref.79230
ブラックベイ フィフティエイト 39mm Ref.79030
ブラックベイ フィフティエイト
Ref.79030
製造年 2012~2016年頃 2016年~ 2018年~
サイズ 41mm 41mm 39mm
厚さ 約12mm 約15mm 約12mm
ムーブメント 自動巻き(ETAベース Cal.2624) 自動巻き(自社開発 MT5602) 自動巻き(自社開発 MT5402)
パワーリザーブ 約38時間 約70時間 約70時間
カラー 赤系ベゼル(R)、黒ベゼル(N)、青べセル(B) 赤系ベゼル(R)、黒ベゼル(N)、青べセル(B) 黒(N)、ネイビーブルー(B)
他の素材 セラミック(79210CNU等)
ブロンズ(43mm径 79250BA等)
ゴールド(79018V)
シルバー925(79010SG)
ブロンズ(79012M)
※共に2021新作
備考 薔薇ロゴ、SELF-WINDING文字がカーブ状 薔薇ロゴから盾ロゴに ネイビーブルーは2020年から

ブラックベイは、2016年のモデルチェンジ時に、自社開発ムーブメントを搭載したことで、厚さが3mmほど増しています。58は厚くなったブラックベイに対する新たな選択肢という意味合いがあるかもしれません。

 

39mmと41mmを比べてみます

正面と後ろ

ブラックベイ フィフティエイト(38mm Ref.79030B)とブラックベイ(41mm Ref.79230N)の比較ブラックベイ フィフティエイト(38mm Ref.79030B)とブラックベイ(41mm Ref.79230N)の比較

(58のネイビーブルーと41mmの黒との比較。(58にも黒がありベゼルの数字がゴールドとなります。41mmでブルーベゼル×黒文字盤が存在します。)

まずは正面から。左が58のネイビーブルー、右がブラックベイ41mmの黒となります。文字盤やベゼルの基本的なデザインは変わりません。58は文字盤に対してドットインデックスが少し大きく感じます。

リューズは、ともにリューズガードがないクラシカルなタイプ。58の方が直径が小さめで肉厚です。ラグ幅は20mmと22mmで2mmの違い。サファイアクリスタルのドーム風防は、58のほうが角の丸みが若干大きいような気もします。(直径が小さい分カーブが強めに見えるのかもしれません。)

ブレスレットは、ヴィンテージモデルを思わせるリベット付き。全体に58の方がコンパクトで、バックルTUDOR文字部分で、幅が約17.8mmと約19.8mmで約2mm違います。

ケースだけでなく全体的に大きさが異なるため、重さは約142gと約184gで約40g※の差で、持った瞬間にはっきり分かるほどの違いがあります。(※今回比較した2本は41mmサイズのほうがブレスが1.5cm長く、その分も重さの違いに影響しています。)

 

サイドから/夜光

ブラックベイ フィフティエイト(38mm Ref.79030B)とブラックベイ(41mm Ref.79230N)の比較ブラックベイ フィフティエイト(38mm Ref.79030B)とブラックベイ(41mm Ref.79230N)の比較

次は横から。厚さ約11.9mmと約14.8mmで約3mmの差。ケースの厚みも見るからに異なっていて、裏蓋も41mmの方が張り出しています。リューズの大きさは41mmの方がやや大きく、薔薇マークが58は立体的で、41mmが平面的となっています。夜光はグリーン系で視認性はともに良好でした。

 

絶妙サイズでハンサムな1本

ブラックベイ フィフティエイト ネイビーブルー(39mm Ref.79030B)を着けてみましたブラックベイ(41mm Ref.79230N)を着けてみました

(39mmブルーと41mmブラックを、腕回り16.5cmのスタッフが腕に乗せてみました。「39mmは装着感がいいです。ブルーの色目はスーツにも相性が良く、想像以上にいい色です」との感想でした。)

39mmサイズの「ブラックベイ フィフティエイト ネイビーブルー」、いかがだったでしょうか。41mmサイズと比べると、見た目は心持ち小さく感じるかもしれませんが、その分薄くて軽いため、使いやすさも増しているように思います。

そして、41mmシリーズには存在しない「ネイビーベゼル×ネイビーダイアル」は、ベゼルとダイアルの色合いが微妙に違って見えるのもいい感じです。アクセントカラーを、シルバー色に統一することですっきりとまとまり、様々な服に合わせやすい印象もあります。

また、ネイビーブルー用の「ソフトタッチストラップ」(シンセティックレザー製)や「ファブリックストラップ」(伝統的なジャガード織りでフランス製)のベルトが、チューダーから別途販売されており、付け替えて変化を楽しむのもいいと思います。

他人からは注目されにくい時計かもしれませんが、着けている自分の気分は上がり、着け心地の負担も少ない、そんな時計です。昔のロレックス サブマリーナが好きな方にも、ヴィンテージな雰囲気を日常で気兼ねなく楽しめる1本としておススメです。

TUDOR(チューダー) ブラックベイ フィフティエイト Ref.79030B

TUDOR(チューダー) ブラックベイ フィフティエイト Ref.79030B (USED)
 (39mm径、自動巻き、200m防水、ブレス長さ 約19.5cm、2020年保証書)

 

エバンス オンラインショップ チューダー商品一覧へ

銀座エバンス


エバンス オンラインショップ


(※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、営業時間を変更しています。→詳細ページへ