エバンスブログ

エバンスブログ

特別な高級筆記具を愉しんでみたい~ モンブランの万年筆やペン 2023年11月20日

2023-11-20 11:00

モンブランのペンモンブランのペン

今回のエバンスブログは、ドイツのブランド「モンブラン」の万年筆やペンをご紹介します。エバンスは時計店のため、通常は取り扱いがないジャンルなのですが、ご縁があり、限定モデルや特別モデルなどが銀座の店頭に並んでいるのです。

前半は、腕時計も手掛けているモンブランの概要などをひとまとめ。後半では今回の約20種類のペンから、5種類をピックアップしてご紹介します。

 

モンブランとは?

その歴史など

モンブランの歴史の一端が伺える万年筆モンブラン製品の製造の様子

(歴史の一端が伺える万年筆とホワイトスターマーク  モンブラン製品の製造の様子 出典) モンブラン公式サイト「モンブランについて」

 

ドイツの高級筆記具ブランド「モンブラン(Montblanc)」。100年を超える歴史のあるブランドです。ここで、その概要を振り返ってみましょう。

1906年 ドイツ ハンブルグの技術者、文具店の主人、銀行家の3人で設立
1909年 安全性を高めた万年筆「ルージュ・エ・ノワール」を発売
1910年 「モンブラン」と名付けられた万年筆を発売
1924年 代表作「マイスターシュテュック」が誕生
1934年 社名を「モンブラン・シンプロ」社に
1935年 ペンケースなどレザーアイテムの製造を始める
1985年 ダンヒルの傘下に
1993年 「リシュモン」グループの傘下に
 

現在は、カルティエ、ランゲ&ゾーネ、パネライなどを擁するリシュモングループに属するモンブラン。ハンブルグで作られている筆記具以外に、イタリアのフィレンツェでレザー製品、スイスで腕時計を手掛けるなど、筆記具以外にも商品の領域を広げ、世界的なラグジュアリーブランドとして進化を遂げています。

腕時計には1997年に参入。2006年に、機械式ストップウォッチや自社製ムーブメント等で評価が高かった老舗マニュファクチュールブランド「ミネルバ(Minerva)」社を買収。その約150年の歴史や伝統を継承し、本格的な機械式腕時計ブランドとしても存在感を高めています。

 
モンブランの時計製作拠点ミネルバの名を持つ2023年新作限定

(ル・ロックルとヴィルレの2カ所にあるモンブランの時計製造拠点。ヴィルレの拠点はミネルバ社の工房を引き継いだもの 出典)モンブラン公式サイト「高級時計製造」   モデル名に「ミネルバ」の名を持つ2023年新作、28本限定。ベゼルの回転操作で作動する独特な機械式クロノグラフ機構を搭載。 出典)公式サイト「モンブラン 1858 アンヴェールド タイムキーパー ミネルバ リミテッド」

 

最高峰の筆記具ブランド

モンブラン公式 ペンのカテゴリーモンブラン公式 筆記具の選び方ページ

(モンブランの筆記具は、万年筆やボールペンなど5種類が存在 出典)モンブラン公式サイト 製品一覧   公式サイトでは種類別の特徴等も紹介されている 出典)公式サイト 高級筆記具の選び方

 

アルプス山脈で最高峰の「モンブラン(Mont Blanc)」山に、その名の由来を持つ筆記具ブランド「モンブラン」。最初は万年筆の製品名に使われ、1930年代には社名に入るようになります。ペンのキャップ部分にも見られる「ホワイトスター」マークは、モンブラン山頂を覆う万年雪と6つの氷河をイメージしたものだそう。

その特徴は、高い技術による滑らかな書き心地、艶やかな独自の樹脂などが醸す重厚な存在感、エリザベス女王やJ・F・ケネディなど著名人の愛用者や逸話が多いことなどが挙げられます。メルセデス・ベンツに例えられることもあり、モンブランは、技術力と高いステイタス性の両方を備えた、まさに最高峰の筆記具ブランドなのです。

モンブランを代表するモデルとして、マイスターシュテュック、スターウォーカーなどが広く知られます。また、パトロンシリーズ、グレートキャラクターズなど、テーマに沿った装飾を施した特別コレクションもリリースされており、人気を博しています。

ここからは、限定/特別モデルを中心とした今回のペンの中から、5種類をご紹介していきます。

 

5種類を選んでみました

1、グレートキャラクターズ「エルヴィス・プレスリー」

エルヴィス・プレスリー限定モデル万年筆エルヴィス・プレスリー限定モデル万年筆

最初の1本は、20世紀の歴史に名を刻んだ著名人をテーマとした「グレートキャラクターズ」から、伝説のロック歌手「エルヴィス・プレスリー」のリミテッドエディション(限定モデル)。こちらは万年筆で、2020年に発売された1935本限定です。

キャップに入った白頭鷲の象嵌(ぞうがん)は、彼がコンサートで着用した衣装から着想を得たもの。艶やかな白&シルバー色のボディーは、車のエンジンで点火を行うスパークプラグをイメージした形状で、彼が愛した車の世界から着想を得たとか。

キャップのホワイトスターにELVISの文字が入り、尻軸や中央リングに彼にちなんだテキストが刻印されるなど、細部まで作り込まれています。そして、ペン先にエルビスのシルエットとともに入る「4810」。名作マイスターシュテュックにも入るこの数字は、モンブラン山の高さだそう。最高峰ブランドの心意気が伺えますね。

限定「エルヴィス・プレスリー」万年筆 (未使用品) 商品ページへ

 

2、グレートキャラクターズ「マイルス・デイビス」

マイルス・デイビス限定モデルローラーボールマイルス・デイビス限定モデルローラーボール

2本目は、名トランぺッターでジャズの巨人とも評される「マイルス・デイビス」の限定モデルです。こちらはローラーボールのペンで、2016年に1926本限定で発売されました。ちなみに、限定本数の1926は彼の生まれ年だったりします。

「ローラーボール」は、水性のインクを使用したボールペンの一種。筆圧に関係なく均等の太さの文字が書け、万年筆に似たなめらかな書き心地が特徴となります。リフィル(替え芯)式なので、万年筆のようなお手入れが不要なのも魅力です。

こちらのペンでまず目が行くのが、トランペットのピストンを模したクリップ部分。尻軸部分の青いパーツはマウスピースを意識したフォルムだそう。プラチナコーティングのボディーで楽器の艶やかさ、イラストなどで音楽の躍動感を感じさせてくれる、オブジェのような1本です。

限定「マイルス・デイビス」万年筆 (未使用品) 商品ページへ

 

3、作家シリーズ「ジョナサン・スウィフト」

ジョナサン・スウィフト限定3本組セットジョナサン・スウィフト限定3本組セット

3種類目は「作家シリーズ」から、2012年の1800セット限定。こちらは「ガリバー旅行記」で知られるイギリスの作家「ジョナサン・スウィフト」の3本組です。万年筆、ボールペン、シャープペンシルで構成されています。

特徴的なシルバーのラインは象嵌細工で、ガリバーを縛っていたロープをイメージ。キャップ頭部が三角形なのは、ガリバーの帽子に着想を得たものだとか。ブランド独自の配合による漆黒のプレシャスレジン樹脂のボディも、モンブランならではの存在感です。

万年筆はペン先からインクを吸い上げる「吸入式」。インクの注入やお手入れに手間はかかるのですが、その非日常でゆったりした時間が愉しいという声もあるようです。高級腕時計の世界と似たところがありますね。

限定「ジョナサン・スウィフト」3本組 (中古) 商品ページへ

 

4、ドネーションペン「ヘルベルト・フォン・カラヤン」

ヘルベルト・フォン・カラヤン特別モデルボールペンヘルベルト・フォン・カラヤン特別モデルボールペン

4本目は、クラシック音楽の偉人をテーマにした「ドネーションペン」から、天才指揮者「ヘルベルト・フォン・カラヤン」のボールペン。こちらは限定でなく、スペシャルエディションとなります。

こちらのペンでは、黒のプレシャスレジン製ボディに、指揮棒をイメージしたクリップと、キャップの一部に鍵盤模様があしらわれ、ほどよく個性的です。ドネーションペンは、ブラックボディのものが多いため、お洒落な1本として、日常に取り入れやすいかも。

そして、ドネーションペンのシリーズは付属品も見どころの一つ。こちらのカラヤンでは、シルクの「スカーフ」が付属。他のペンでは、オルゴール(ヨハン・シュトラウス)やトランプ(ゲオルグ・ショルティ卿)などの付属品もあったりします。

「ヘルベルト・フォン・カラヤン」ボールペン (中古) 商品ページへ

 

5、ボエム ピルエット ライラス

ボエム ピルエット ライラスのファインライナーボエム ピルエット ライラスのファインライナー

最後は著名人がテーマではない1本、「ボエム ピルエット ライラス」のファインライナーです。ふっくらと丸みを帯びたフォルム、半透明ラッカー仕上げの美しい色合い、浮遊円のギョウシェ模様、キャップのアメジスト石など、優美な1本となっています。

このペンの「ファインライナー」は、先端のフェルトチップから水性インクが出てくるタイプのサインペンのようなペン。モンブランの場合、筆圧が高いと先端が引っ込む仕組みとなっており、くっきりとした線が特徴なのだとか。ローラーボールのリフィルと互換性があるそうなので、交換して比べてみるのもよさそうです。

「ボエム ピルエット ライラス」ファインライナー (未使用品) 商品ページへ

 

眺めるもよし、使うもよし。

モンブランの限定/特別モデルのペン、いかがだったでしょうか?

グレートキャラクターズのシリーズは、他もフェラーリの赤い万年筆など個性的に作り込まれたペンが多い印象です。そして、ドネーションペンや作家シリーズ等は、スタンダードな黒いペン軸に、音楽や作品等にちなんだクリップが組み合わされ、さりげない遊び心が魅力でした。

上質な仕立てのモンブランの特別なペン。美しい仕上げを眺めて愉しんでみるもよし、ここ一番の筆記具として日々の生活で取り入れてみるもよし、どちらの愉しみ方も良さそうです。

 

エバンス オンラインショップ モンブラン一覧へ

銀座エバンス

  • 東京都中央区銀座5-5-11(みゆき通り) 

  • TEL:

    03-6274-6740(11:00~20:00)


エバンス オンラインショップ


エバンス 時計買取専門店

  • (12:30~19:00 水曜定休)

  • 東京都中央区銀座6-9-16(ユニクロ銀座店 (すずらん通り側) 隣)