エバンスブログ

エバンスブログ

絶妙なレトロ感。「IWC パイロットウォッチ マーク XVIII (マーク18) ヘリテージ IW327006」2021年1月18日

2021-01-18 10:30

今回のエバンスブログは「IWC パイロットウォッチ マーク XVIII(マーク18) ヘリテージ」Ref.IW327006をご紹介します。チタン素材をケースに使い、日焼けしたようなベージュの夜光などで、クラシカルなヴィンテージ感を漂わす1本です。

 

マークXVIII ヘリテージ の概要

IWC マークXVIII ヘリテージ IW327006IWC マークXVIII ヘリテージ IW327006

(■「マーク18 ヘリテージ」 マットなチタンケース、ベージュの夜光、青い針が特徴)

こちらの「パイロットウォッチ マーク XVIII ヘリテージ」Ref.IW327006は、IWCのパイロットウォッチを代表するモデルの一つ「マークXVIII(以降マーク18)」のチタン素材モデル。文字盤のデザインが、ステンレス素材の定番モデルと若干異なりますが、特に限定ではないようです。マーク18シリーズが登場した翌年、2017年に発表されたモデルとなります。

 

IWC ~アメリカ的でドイツ的なスイスブランド~

IWC(アイ・ダブリュー・シー)は、元々の社名インターナショナル・ウォッチ・カンパニー (International Watch Company) の3つの単語の頭文字から取ったもの。アメリカ出身の時計技師「フロレンタイン・アリオスト・ジョーンズ (F. A. Jones)」氏が1868年に設立。2018年に創業150年を迎えた歴史の長い名門ブランドです。

IWCの文字とともに並ぶ「SCHAFFHAUSEN」は、ドイツ語圏でスイス北部のシャフハウゼンという町のこと。創立の地であり、現在もこの地で時計が作られています。

現在はリシュモングループに所属。実用性を重んじたシンプルで質実剛健な高級時計を手掛け、アメリカ的な合理性とドイツ的な機能性を併せもったブランドとして、時計ファンに愛されています。

マークXV(5列の前期ブレス)を15年位使用している店舗スタッフに、その魅力などを聞いてみたところ、「シンプルで飽きがこなく、細かいところまでよく考えて作られているので、普通に不満もなく、自然に使い続けられています。」といった感想が聞けました。

 

マークシリーズ ~2つのルーツ~

IWC マークXIIWC ビッグ・パイロット・ウォッチ 52 T. S. C.

(■1948年に登場したイギリス空軍向け「マーク11」。マーク12から始まるマークシリーズのルーツ ■1940年に登場したドイツ軍向け「ビッグ・パイロット・ウォッチ 52 T. S. C.」。現行のビッグパイロットシリーズの祖先で、今回のマーク18 ヘリテージの着想元  出典:IWC公式サイト「IWCの歴史」https://www.iwc.com/ja/company/history.html

今回のマーク18 ヘリテージは「パイロットウォッチ」コレクションの「クラシック」シリーズの中の1本で、マーク18の兄弟モデルとなります。

マークシリーズは、1948年頃から作られていた英国空軍(RAF)パイロット向けのモデル「マークXI(マーク11)」が祖先となる時計です。センターセコンド化し、▲マークなどで視認性を重視した文字盤、耐磁性を高める軟鉄製インナーケースによる2重構造、軍の仕様を満たす高い精度などで、近代的なパイロット・ウォッチの完成型と言われたモデルで、ムーブメントは手巻きの名機Cal.89を搭載していました。

「マーク11」は1981年頃まで英国空軍で使用され、ごく一部が80年代中頃まで市販されていたようです。

 
IWC マークXIIIWC マークXVIWC マークXVIIWC マークXVIIIWC マークXVIII

(■マーク12からマーク18までのマークシリーズ。マーク13やマーク14は存在しない。■マーク18は、特別モデル「プティ・プランス」にブルー文字盤、特別モデル「アントワーヌ・ド・サンテグジュペリ」にブラウン文字盤も存在)

その歴史的な名作の流れを汲み、民間向けに作られたのが1994年に発表された「マークXII(マーク12)」。自動巻きムーブメントを搭載し、日付表示が加わった、マークシリーズの基本形となる1本でした。その後、1999年登場のマークXV(マーク15)、2006年登場のマークXVI(マーク16)、2012年登場のマークXVII(マーク17)、2016年登場のマークXVIII(マーク18)と続いていきます。

ここで、マーク12からマーク18までの特徴を振り返ってみましょう。

モデル名(登場年) サイズ/ムーブメント 主な変更点
IWC マークXII
・36mmサイズ
・Cal.884/2(ジャガールクルト Cal.889ベース)
・自動巻き
・日付表示付き
・11列ブレス
IWC マークXV ・38mmサイズ
・Cal.37524(ETA(エタ) 2892A2ベース)
・バーインデックスが太く
・途中でブレスレットが11列から5列に
・5列ブレスには前期(かまぼこ型)と後期(上が平面)が存在
IWC マークXVI ・39mmサイズ
・Cal.30110(ETA 2892A2ベース)
・針の形が変わる
・▲が外側に移動し、両脇に点
・6、9がなくなる
・日付の背景が黒に
IWC マークXVII ・41mmサイズ
・Cal.30110(ETA 2892A2ベース)
・日付が3日表示に
・1、2、4、5などバーインデックスの長さが短く
IWC マークXVIII ・40mmサイズ
・Cal.30110(ETA 2892A2ベース)からCal.35111(セリタ(Sellita) SW300-1ベース)に
・日付が1日表示に
・▲が内側に
・3、6、9のバーインデックスが短く
・6、9の復活
・裏蓋に飛行機の刻印が入る
・2018年頃、ムーブメント&型番を変更

基本のフォルムは変わらずに、ケースサイズや針の形、文字盤のレイアウトの細部が変化しています。見比べてみると、特にマーク15からマーク16で変化が大きかったことが伺えます。

 

IWCとチタン

IWC GST クロノIWC GST アクアタイマー

(IWCでチタン素材を使用したモデルの例 ■「GSTクロノ」Ref.3707-003 ■「GSTアクアタイマー」 Ref.3536-001 ともに生産終了品)

今回のマーク18 ヘリテージは、定番モデルで使われているステンレス素材でなく、チタン(チタニウム)素材を用いたモデルです。

チタンは、ステンレスの6割ほどの軽さで、強度が強く(キズはつく)、錆びにくく、アレルギーの原因になりにくいといった優れた特徴を多く持つ工業素材。一方で、硬くはないものの、加工が非常に難しく、価格が高くなりがちな素材でもあります。

IWCとチタンの歴史は、時計業界の中では古く、1980年に世界初となる「チタン製ケースのクロノグラフウォッチ」をポルシェデザインとの協業で発表。チタンの製造や切削などに必要な設備を整え、高度な専門技術のノウハウを早い時期に習得、自社での製造を実現してきました。

1997年から2003年頃の「GSTシリーズ」ではゴールド、ステンレスとともに3つの素材の一つとして取り上げられました。今回の時計以外にも、IWCは現在もチタンやセラタニウム(チタンの表面をセラミック化した独自素材)の時計を多彩に展開しています。(→ 参考:過去ブログ「時計素材の基本 チタン・チタニウム編」)

 

定番とひと味違うこの時計

IWC マークXVIII ヘリテージ IW327006マークXVIIIヘリテージとマークXVIIIの定番モデル

(■雰囲気のある青い針 ■マーク18のステンレス素材モデルは黒ブレス、黒ベルト、白ベルト仕様が存在。ヘリテージとは「7」や「9」など文字盤の数字の書体も異なる)

今回の時計は「ヘリテージ」ということで、過去の名作に着想を得ています。1940年のドイツ軍向けの高精度な航空時計「ビッグ・パイロット・ウォッチ 52 T.S.C」がそれ。(二つ前の「マークシリーズ」段落に写真あり) 直径55mmの大型サイズで航空士官が使う時計でした。

マークXVIII ヘリテージは、ベージュ色の夜光や青い針を採用、マットに仕上げられたグレーのチタンの色合いと相まって、レトロな雰囲気を醸し出しています。文字盤の分刻み外周のサークル、バーインデックスの長さ、アラビア数字の位置や書体などが定番モデル(IW327009、IW327012、IW327015)と異なります。また、裏蓋は飛行機の刻印がないすっきりしたものとなっています。

 
IWC マークXVIII ヘリテージ IW327006マークXVIIIヘリテージの裏蓋

(■マットでソリッドなケース造型、リューズはIWCのマーク入り。 ■裏蓋にユンカーズ飛行機のマークは入っていない)

ムーブメントは、自動巻きCal.35111(セリタSW 300-1がベース)を搭載、軟鉄製インナーケースに守られて耐磁性を高めつつ、厚さは10.8mmに留められています。

また、ベルトがブレスレットでなく、カーフベルトということもあり、約59gという軽量な時計に仕上げっています。

ちなみに、2017年に「マークXVIII トリビュート トゥー マークXI (Ref.IW327007)」という限定モデルが発売されていました。こちらはステンレス素材&NATOストラップで、マークXIを模した針や文字盤のデザインでした。

 

絶妙なレトロ感で長く付き合えそう

マークXVIIIヘリテージの夜光マークXVIIIヘリテージを腕の乗せてみました

(■暗いところでの視認性も高い ■腕周り16.5cmのスタッフが腕に乗せてみました)

20年を超える歴史を重ねる中で、シンプルな実用性だけでなく、上質な雰囲気を高めてきたマークシリーズ。この「マークXVIII ヘリテージ」では、ベージュの夜光、ブラウンのベルト、グレーのチタン素材などが、絶妙なレトロ感を加えてくれています。

ここ数年で、カジュアル化が一気に進んでいる最近のビジネスシーン。そんな腕元に、ドレスウォッチほど堅くなく、スポ-ツ系モデルほど個性の主張は強くなく、派手ではないけれどしっかりと作られているこんな1本。さりげなく日々を重ねていける頼れる相棒として、いい選択なのではないでしょうか。

IWC アイ・ダブリュー・シー パイロットウォッチ マークXVIII ヘリテージ IW327006

「IWC パイロットウォッチ マークXVIII (マーク18) ヘリテージ (新品)」
 (IW327006、ケース径40mm、自動巻きCal.35111、6気圧防水、ベルト幅20mm)

銀座エバンス


エバンス オンラインショップ


(※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、営業時間を変更しています。→詳細ページへ