エバンスブログ

エバンスブログ

旬のオメガ!!限定品で差がつくダイバーズウオッチ

2022-04-25 11:00

ブログをご覧の皆さま、こんにちは。
新しいステージが始まった4月、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

この春も3月30日~4月5日、スイス ジュネーブとオンラインの両方で「Watches & Wonders Geneva 2022」が開催されました。
 すっかりオンラインイベント形式が定着してきた、高級腕時計の新作発表の場。ロレックスやカルティエなど、世界の高級時計主要ブランドが20以上も会す、最大級の時計新作見本市イベント。


今年もオール エバンス、大いに賑わいました。(笑)
ロレックス、個人予想が当たる者、全くもって外れる者、驚愕する者…。ブランドに関わらず、今年も各メーカー渾身の力作に一同魅了されっぱなしです。
きっと現地に行けば、ダンディな海外メディア陣がインタビューするであろうこんな質問を、偶然通りかかってしまった我が社のダンディ副店長(自身も秘蔵時計を多数所有(なぜそんなにお持ちなの?笑)。鋭い審美眼をもつ時計マニア)に向けてみました。

Q.今年の新作、注目のモデルありましたか?

ロレックス、ついに左にリュウズをもってきたか!レフトハンドの「GMTマスター」、新世代「エアキング」、しれっと誕生した「シードゥエラー・ディープシー」(ロレックス新作速報についてはこちらのブログをご覧ください)、この辺はだいたい予想通りでしたね。(予想通りだったんか~い?!)

  カルティエ、即完売必至の「タンクシノアーズ」(個人的にお好きなご様子)、ヴァシュロン・コンスタンタン(渋すぎるぜ)「ヒストリーク222」の復刻モデルなんかも良かったです。
 そして今回、日本が誇るグランドセイコー、Watch & Wondersへの初出展も話題。時計の3大複雑機構であるトゥールビヨンを搭載した「Kodo コンスタントフォース・トゥールビヨン(CAL.9ST1)」を挙げてくれました。
グランドセイコーとしては初のコンプリケーションを初出展の場でお披露目するという、歴史的な一本ですから、ちょっと見てみたいです。

成程。先見の目がある副店長、この中に光るものが見えるのでしょう…。是非、ご参考になさってみてください。(笑)

オメガの新作も豊富でした。2022年に「スピードマスター」は誕生65年を迎え、伝説の初代コレクションを踏襲した「スピードマスター キャリバー321 カノープスゴールド」。高い輝度と白さ、オメガ独自の調合で実現した18Kカノープスゴールドを外観に、ダイアルにはブラックのオニキスを採用、タキメーターのスケールを難易度の高い「グランフー・エナメル技法」で焼き付けるという、最高に贅沢でラグジュアリーなタイムピースがリリース。あのロングセラー、ブロードアローを彷彿とさせる古典的でクラシカルなパーツも魅力的でした。
その他、6,000mの防水性を持つ「シーマスタープラネットオーシャン ウルトラディープ」、色とりどりのカラーリングにフォーカスした「シーマスター アクアテラ」

オメガ公式サイトより

そしてなんといっても!!
<オメガ×swatch>の初コラボレーションが注目「ムーンスウォッチ コレクション」の発表です!
オメガのアイコンモデル、スピードマスターに遊び心豊かなタッチを加えた新モデルが3万円台で買えるとあって、どれにしよう~~?とりあえず、スタッフ皆、どの色が欲しいか本気で考えるという。(笑)
ビジュアル、スペック、ステキなカラー使いと、新作は見ているだけでワクワクします。
皆さまはサプライズ新作はありましたか?

OMEGA

新作や宣伝、販売に至るまで、今春は何かと話題の多かったオメガ。個人的に今作は全体的に、色使いが柔軟で多彩な印象だと感じています。
昔からオメガというとブラックやシルバー、ネイビーといった、モノトーンで落ち着いたイメージ。そんなシックなモデルが多いオメガですが、ビビットに効かせたカラーリングにハッとさせられる商品があります。

オメガ シーマスター300 オメガ創立150周年記念

今回ご紹介の「シーマスター300 オメガ創立150周年記念」。名の通り、オメガの創立150周年目を記念して1998年に製作されました。世界で1848本の限定モデル。この1848はオメガの創業年。深い歴史と伝統を感じざるを得ない数字です。

当時、グレー・ブルーの2色の展開をしていた今シリーズ。こちらの商品、一見するとグレーを基調とした、シックなテイストのシーマスターです。が!秒針の先端をご覧ください。オレンジのネオンカラーで仕上げられているという、トレンド感満載のウォッチ。発売当時は赤色であったそう。経年劣化により、イイ感じにネオンカラーへと変色いたしました!
1998年に誕生したのに!24年も経っているのに!今でも新鮮!

限定感がつまった外観

シーマスターといえば、ケース・ブレスレットはステンレス素材、ベゼルが金属プレートといったものが一般的です。
今限定モデル、なんとケースとブレスレット部がチタン製。チタンは軽量なので、優しく軽い着け心地が特徴。長時間着けていても疲れません。
ケースサイド3時側の側面には「Seamaster titanium」の刻印。こんなところにも小ワザが効いている!カッコイイ♡
回転ベゼルのプレートには18Kホワイトゴールドを贅沢に採用。艶感あり、目盛りも明瞭。一気に高級感が増します。

オメガを代表するベストセラーモデル、シーマスター300をベースにした限定モデル。ヘリウムエスケープバルブを備えた、300mの完全防水を誇る本格派。
そのサイズ感、スペックと普段使いに申し分ありません。
ケース、ブレスレットはもちろん、ダイアルのお色味も薄めのグレートーン。キリリと効いたネオンカラーがなんともオシャレです。
ダイバーズウォッチではありますが、重さがなく、軽快。スーツなどのスタイリングはもちろん、カジュアルシーンにも合わせ易いのでシーンを選びません。

レギュラーモデルにはない限定ならではの特別感。
これからのシーズンにもぴったりですね☆

是非、このモデルで思いっきり、本格派ダイバーズウォッチをご堪能ください。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

オメガ
シーマスター300 オメガ創立150周年記念

銀座エバンス


エバンス オンラインショップ