エバンスブログ

エバンスブログ

カウンターのスモーキーカラーが渋カッコイイ!!ゼニスのトレンドウォッチ

2022-01-31 11:00

エバンスブログをご覧の皆さま、こんにちは。
梅のつぼみもふくらみかけてまいりました。皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

暦の上では間もなく立春を迎えようとしておりますが…、体感的には一年で最も寒さの厳しい時期ですね。寒いからと、どうしても運動不足になりがちな最近、日常生活で使うエスカレーターを階段に代えるだけでも、だいぶ運動不足が解消されると聞きました。
通勤時だけでも!と思っているのですが…。どうしても人の流れに乗って今日もエスカレーターに…。
ん~、流されやすい。
強い気持ちを持って通勤せねばなりません。。。(笑)

さて今回は、カウンターに配されたスモーキーカラーが渋カッコイイ!!「ゼニス クロノマスター スポーツ」をピックアップ。トレンドをたっぷりと詰め込んだ、クールでセクシーな名品、2021年新作をご紹介いたします。オススメです☆

ゼニス クロノマスター スポーツ

ゼニス

揺るぎない伝統と技術を継承。
正統派老舗メゾン、ゼニス。同社「ZENITH」のロゴにある★星マークがシンボルです。

最も高い、あなたの星をつかむために―。
創業は1865年。スイスにある静かで小さな街、ル・ロックル。創業者である、ジョルジュ・ファーブル・ジャコがスイス発の統合型マニュファクチュールを創立したことに始まります。

これまでに製造された中で最も優れた、最も正確で、最も信頼性の高い時計、つまり「完璧な時計」を制作することを目的ととする、時計界でも歴史深いゼニス。マニュファクチュール(パーツから時計の内部機構に至る、すべての工程を自社で一貫製造するメゾン)という概念を作り出し、スイス時計の発展に多大なる功績を築いてきました。

常に技術の革新に情熱を持ち、自社製品のみならず他社の高級ブランドに供給するほどの歴史的な名機を誇ります。
モバードとの共同開発、エベルやパネライ、ウブロ、そしてロレックス デイトナ用(1988年から2000年頃まで)ムーブメント「エル・プリメロ」の供給と、 時計界からの信頼も厚い。

エル・プリメロ

クロノグラフ用の歴史的ムーブメント「エル・プリメロ」。誕生は1969年と既に50年余りが経過します。エスペラント語で「第1の」「一番の」という意である如く、ハイスペックで世界最高峰のムーブメントとも称される、正真正銘の名機。当時としては長時間とされていた50時間ものパワーリザーブ、クロノグラフの高い計測精度と、時計ファンを魅了し続ける素晴らしい性能を誇ります。

近年ゼニスでは、この往年の大傑作「エル・プリメロ」搭載機の復刻に力を注いでおり、更なる進化を遂げています。
進化するパフォーマンスの集大成「エル・プリメロ3600ムーブメント」。毎時3万6千振動という驚異的なビートで振動、セラミックベゼル表示では世界発となる1/10秒まで計測可能な高性能はそのままに、パワーリザーブが60時間になるなど新改良がされ、更なる実用性の高さを実現します。

例えばウィークデイに時計を着ける方なら、週末2日間、時計を着けていなくても、翌週明けにも時計は動き続けているので、忙しい月曜日の朝に時間合わせをする必要がなくスムーズに出かけられる!といったイメージ。月曜朝の1分1秒、大切ですもの…。

今回ご紹介の「クロノマスター スポーツ」はもちろん、この進化系「エルプリメロ3600ムーブメント」を搭載。クローズド文字盤ですが、安心してください!裏がしっかりシースルーバックケースですので、この素晴らしいムーブメントの動きを24時間いつでも愉しめますヨ。

ダイアル

正統派でありながら、大胆にもダイアルの一部をオープンフェイスとするセミシースルーダイアルなど、特徴的な文字盤が多かった、クロノマスター。
今作は待望のスポーツライン、クローズド文字盤で登場。硬くて耐久性も高く、強い光沢と深みを備える、ラッカー仕上げのブラックダイアル、他にホワイト文字盤を展開します。
センターに配された3色のカウンターが映えます。この3色、シルバー・グレー・ネイビーと、なんとも絶妙なくすみカラー。渋カッコイイ~!一気にスポーツラインの上位ランクへ仲間入りです!個人的に!(笑)

12時を指すストップウォッチ用のセンタークロノグラフ針(クロノグラフ使用時に動く、通常の時間経過では動かない針)、先端はアクセントに赤いマーキングが施されます。(クロノグラフで使用する針の先端はすべて赤マーキング)このクロノグラフ針、反対側に(丁度6時位置のグレーカウンターと被って分かりづらい…)星☆のマークが象られているんです。分かりづらい部分ですが、逆にそんなところもステキです!

クールでセクシーな外観

直径41mm。日本人男性の腕元にしっくりと馴染みやすい程よいサイズ感。近年、大型化するケースサイズが多い中、一周まわって、やっぱりこの大きさが好きだな~って仰る方も多いんです。
ケースのサイズがしっかりと上部でおさまる、バランスもとり易い。 人間工学に基づいたラインで心地よいフィット感。 重たさがないのでブレスへのストレスがありません。 また、このブレスレット、センター部が鏡面、サイドのコマがマット仕上げとなっています。光の加減で鏡面のコントラストがくっきりと出ますので、どんなシーンでも腕元をキリっと引き締めてくれる。
そして、近年のトレンドであるブラックセラミックベゼルの採用。極端な使い方をしなければ、大きくキズつくこともありませんし、美しいセラミックの艶感をずっとお愉しみいただける筈です。

最旬のトレンドを全部盛り。一見、ロレックス デイトナ?という人もいるくらい、雰囲気が似ているかも。高騰して500万円超えをする、ロレックスと比べると価格も安定して、比較的手の届きそうな価格帯。

ビジネスマンのライフスタイルをタフにサポートする、ゼニス クロノマスター スポーツ

是非、この機会にお試しください。
今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

銀座エバンス


エバンス オンラインショップ