エバンスブログ

エバンスブログ

原点回帰の新作発表で再注目!80年代ヒット作、マストタンク

2021-04-26 10:30

ブログをご覧の皆さま、こんにちは。エバンスの渋田です。
4月も最終週、新緑が鮮やかな季節となりました。うららかな春日和、いかがお過ごしでしょうか。


今月は腕時計メーカーの2021年度新作モデルが相次いでオンライン発表となりました!
新型コロナウィルス感染拡大の影響により、今回も早い段階でヨーロッパをはじめとする主要な時計の新作イベントが、開催の中止を決定していたため、公式サイトでのオンライン発表は周知のとおり。世界中の時計ファンの皆さまにおかれましては、大きな混乱もなく発表の日を迎えられたことと思います。

今年は長年在籍してきた世界最大の時計見本市「バーゼルワールド」から転向、「ウォッチ&ワンダー ジュネ―ブ」での初出展が気になる「ロレックス」「パテック フィリップ」をはじめ、従来から中核を担う「ヴァシュロン・コンスタンタン」、「カルティエ」等々…。今年も各メーカー、渾身の力作を送り込んできました。
動画やイメージ画像も充実していて多彩に。オンラインでも存分な演出でその見ごたえは申し分なく。どれもうっとりするようなステキなタイムピースばかりです。 詳細は各社公式サイトにてご覧になってみてくださいね。

そして、そして!毎年のことながら、我々エバンス、とくに「ロレックス」の発表日(4月7日)ばかりは、ちょっと特別です。
皆、個人的に「あのモデルが新作を出すのでは?」「このモデルはディスコンになるのでは?」と、(淡い期待と希望をもって?)予測していましたから…、この新作(結果?)発表に、歓喜する者、落胆する者、驚愕する者…(笑)。皆さまの予想はいかがでしたでしょうか。
エバンスによる「【速報】ロレックスの2021年新作モデル発表!!今年のサプライズモデルは、まさかのコンビモデル!!」でも詳細を伝えておりますので是非、ご覧くださいませ。

新作発表はあったものの、商品の入荷はまだまだ未定となります。サプライズ入荷!なんてこともあるかもしれません、ないかもしれません…。今後も新情報が入りましたら、エバンスサイトで随時、ご案内してまいりますので、是非チェックしていてくださいね。

カルティエ マストタンク

さて今回は、戦車にインスパイアされた美デザイン、シックなカラーがちょうどいい。カルティエで叶える、ヴィンテージ風レディウォッチをピックアップ。通好みで人とかぶらない、エレガントさ息づくマストタンクのご紹介です。

パーティなどハレの場の時計よりもデイリーにマッチする時計が欲しい!カジュアル、ときどきフォーマル。今の時代背景の影響もあるのでしょうか。コロナ禍をうけ、お客様のニーズもシンプル&シックなアイテムを選ばれる今日、この頃。普段づかいに上品さもあって、気分のアガるヴィンテージ風カルティエのマストタンクがおすすめです。

2021年のカルティエ新作モデルに「マストドゥカルティエ」(通称マストタンク)をオマージュした、新生「タンクマスト」が、ラインナップしました。
基盤であるタンクイズムはそのままに、新世代テクノロジー光発電(ソーラービート)を搭載したタイプ、長寿命8年クォーツのリリースなど、原点回帰で今まさに注目が集まります。
今回のご紹介品は、往年のヒット作「マストタンク」。惜しまれつつ既に生産を終了したものの、現在もなおその人気は衰えることがありません。

マストタンク

平行に伸びる2本の直線的な縦枠、ケースを操縦席に見立てたグラフィックスなデザイン―。
「タンク」1917年、戦車のキャタピラから着想を受けて作られた、カルティエを代表する名作です。そのコンセプトを忠実に守り、「フランセーズ」や「アメリカン」など、多くの派生モデルを生み出してきました。
「マストタンク」もその一つ。無駄のないフラットケースに、知的な表情。比較的リーズナブルな価格帯で手が届きやすいカルティエ。

世界的ジュエラー、カルティエ。今でこそ多くの人々に親しまれる名門ブランドですが、その昔、王族や上流階級のイメージが強く、遠い存在であったといいます。ハイブランド感がネックとなり、一般市民ではなかなか手を出せない…。

1980年代、カルティエは新たに幅広い顧客を広げるため、従来より価格帯を抑えた腕時計「マストタンク」を製作。優美で可憐なカルティエテイストはそのままに、ヴェルメイユ、スターリングシルバーを採用することでコストを押さえ、まるで18Kイエローゴールド?ホワイトゴールド?かの輝きを放つ、エレガントウォッチを実現したのです。
待望のカルティエ!憧れのタンク♡瞬く間に待ち望んでいた多くのカルティエファンによって普及していきました。

ヴェルメイユ

スターリングシルバー(925)の素材に金を貼り付ける、大変手間のかかる贅沢な手法「ヴェルメイユ」。一見、ゴールドに見えますが、金属の表面を加工したもの。中世ヨーロッパでは器などに用いられ、フランスのルイ14世も愛用した、高価で貴重なものとして珍重されてきた由緒正しい伝統技法です。これによりコストを大幅に削減することができ、比較的購入しやすいプライスの商品を展開。多くの人々が日常にカルティエを身に着けることができるようになりました。

18K金より軽やかな着け心地ですので、デイリーユーズには本当に最適なんです。

ダイアル

ダイアルの種類が豊富であることでも有名なマストタンク。とくにホワイトやクリームベージュ系などの明るめカラーが比較的多い中、今回、ご紹介する商品のダイアルは、「グレー×ブラック」の組み合わせ。色味的にも珍しく、市場でもあまり見かけることがありません。また、こちらはケースのヴェルメイユ素材に合わせたゴールドのローマインデックスがアクセントになり、ちょっぴりヴィンテージ風。通好みで色っぽい仕上りに。

シャープなのにどこか温かみを感じる、時を経たデザイン、落ち着いた佇まい。
普段のワードローブにハンサム文字盤のマストタンクを投入して、グッと大人っぽく、気取らないオシャレをお愉しみください。

アールデコを重んじたシックで美的なヴィンテージ風ウォッチ、マストタンク。
クラシカルな風情で大人の腕元に知性と品格を与えてくれることでしょう。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

銀座エバンス


エバンス オンラインショップ


(※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、営業時間を変更しています。→詳細ページへ