エバンスブログ

エバンスブログ

中古腕時計~購入のすすめ~

2021-04-27 11:00

皆様は腕時計購入の際に新品、中古のどちらで検討することが多いでしょうか?特に「人生初の高級腕時計選び」においては新品は外せないという方も多いかと思います。実際に店頭では「初めて買うなら新品が良い」なんて声も多く耳にします。まだまだ新品の腕時計に比べると中古の時計に馴染みのない方も多いと思います。

中古というとやはり「人が使用した物」という点があり、購入の候補に挙がりづらいと思います。そこで今回は中古腕時計のメリット・デメリットを踏まえ、多くの皆様に中古腕時計の素晴らしさをお伝えできればと思います。

新品?中古?どちらを選ぶ?

皆様は腕時計の購入を検討する際に新品を見る方が多いでしょうか。実際に店頭でお客様の声を耳にすると「初めて買うなら新品」や「せっかく買うなら新品」など聞くことがあります。 しかし中古品は新品には無いメリットがあり選択肢の幅が広がる為、その選択肢を潰してしまうのは非常にもったいないと考えます。

時計選びの際に新品のみで選ぼうとした場合、タイミングによってはお目当てのモデルがお店に無いなんてこともあります。これは生産本数の兼ね合いであったり、市場の流通量によっても影響されます。特に人気モデルやレアモデルの場合、業者間での競争も激しい為お店に並びづらくなります。

また、欲しいモデルが新品だと予算オーバーでも、中古であれば購入が出来るなんてこともありますので価格面でのメリットもあります。

中古品を選択肢に入れることにより、より多くのモデルを見ることが出来るのです。選択肢の幅を広げ、現行品はもちろん生産終了品の中からも選ぶことが出来るので、より気に入る時計を探しやすいのです。

中古腕時計のメリット

①新品、定価よりも安く買える

まずは何と言っても価格のメリットが大きいことが挙げられます。これは高級腕時計の購入において、非常に大きなメリットとなります。

近年では高級腕時計の価格が全体的に値上がり傾向となっており、新品の腕時計は手の出しづらい価格となってきています。そこで注目したいのが中古腕時計なのです。一部の例外を除き、基本的には新品よりも安い価格設定で販売をされます。

高級な腕時計ですから、少しでも安く購入できるのは多くの方にとって嬉しいことですね。予算内でよりランクの高い時計なども選択肢に入れることが出来るのもポイントです。

当初の予算よりも購入価格を抑えることが出来れば、余った予算は他の事に使うことも出来ますし、後々のメンテナンス代にすることもできます。

また、予算内で複数の時計を所持することも可能ですね。新品では一本しか買えないところを中古になると二本買えたりすることも。

中古腕時計の価格面でのメリットは非常に大きいことが分かります。

②リセールバリュー

もう一点はリセールバリューが挙げられます。これは購入した腕時計を手離す際の再販価値となりますが、基本的には新品で購入するよりも中古で購入した方が売却時の損失を減らすことが出来ます。

むしろ一部ブランド、モデルにはなりますが購入時よりも売却時の方が値段が高くなるなんて事もあります。現在ではロレックスに多く見られる特徴ですね。

機械式腕時計は持ち運びがしやすく流動性が高いことから高値で取引されることが多く、資産的側面も併せ持ちます。人気モデルともなれば多くの需要が期待できる為、高い資産性を維持します。

腕時計を買い替えて楽しんでいきたい方はリセールバリューに着目して時計選びをするのもよいでしょう。

③生産終了品やレアモデルなどもゲットできる

三つ目は生産終了品なども検討できることが挙げられます。新品ですと主に現行品などで選ぶことになりますが、生産終了品のモデルの方がデザインが気に入るなんて事も。生産終了品の中でもヴィンテージ時計の様な古くて味わいのある時計であれば、経年変化により個体差が生じている為同じモデルでも他の人とかぶりづらく、満足感の向上に繋がると思います。

また、レアモデルの様な希少性のあるモデルで購入のタイミングを逃したなんて方にもまだチャンスがあります。諦めずに中古で出回るのを待ってみてもよいでしょう。

中古腕時計のデメリット

①傷の有無

こちらは言わずもがなですが、中古品ともなれば前オーナー様がご使用になられている物になりますので、個体によって傷の度合いが違います。傷の大小は前オーナー様の使用状況や環境により変わり、メンテナンスしても取れない傷がある場合もあります。

決して安くない買物になりますので、僅かな傷でも気になってしまうという方は止めておいたほうが良いでしょう。

②付属品の有無

新品であれば必然的に付いてくる箱や保証書・その他冊子類ですが、中古品ですと無くしてしまったことなどが原因で付属品の欠損があるものもあります。

この付属品の有無によっても販売価格が多少の変動を見せます。時計を売却して買い替えていきたい方にとっては、付属品が揃っていないとマイナスポイントになりますので確認しましょう。

逆に少しでもお安く購入したい方にとっては時計のみで販売しているものや、保証書付きなどの一部付属品欠損の物もおすすめです。

③メーカー保証期間

メーカー保証(国際保証書) に関しては新品の時計よりも期間が短くなっていたり、もしくは無いものもあります。

しかしこちらに関しては例外を除き、独自の保証を付けているお店が多いのでそれほど気にしなくても良いかもしれません。

中古腕時計購入時の注意点

では購入時の注意点。なんと言ってもこちらが気になる方は多いのではないでしょうか。やはり一度個人の手に渡り使用されているという点では敬遠する方が多いのも事実です。しかし、信頼できるお店選びさえできれば気に入った商品を手に入れることが可能です。

購入時にチェックしたい項目としては「時計のコンディション」「メンテナンスをしているか」「販売価格」この三点はしっかりと確認をしたいところです。

時計のコンディション

中古品購入時にしっかりと確認したいのが「時計の状態」です。せっかく高級な腕時計を購入するのですから、状態の良いものを選びたいはずです。

多くの中古腕時計販売店では外装の磨き(新品仕上げ・ポリッシュ・研磨・傷取り等と表記している)を行なっていることが多く、そういったものになると新品と遜色が無いものが多いです。しかし、お買取時の時計の状態によっては傷が深く取りきれなかった個体なども存在する為、しっかりと確認したほうが良いでしょう。

特に「ケースサイド」「風防」「ブレスレット」を中心に見ていき、欠けや打痕、ブレスの伸びは無いかなどチェックしていくと良いでしょう。気になる点は販売員の方に確認すると教えてくれますので遠慮なく相談しましょう。

メンテナンスしているか

ここで言うメンテナンスとは、分解洗浄(オーバーホール)や点検・調整のことになります。中古腕時計ともなると、前の所有者の使い方や使用環境によって劣化度合いが違います。その為しっかりとメンテナンスを行っていないと、トラブルの原因になります。

購入した腕時計がすぐに不調になってしまうとメンテナンスに時間も要しますし、気分も良くないでしょう。

メンテナンスをしっかりと行っていることにより新品と変わらないようなクオリティの時計に仕上がりますので、まずは販売店のホームページでメンテナンスをしているかチェックしてみるといいでしょう。

販売価格

販売価格に関しては当然のこと新品よりも安くなるものが多いですが、中古価格は「時計の状態」「付属品の有無」「年式」「人気モデルかどうか」等、これらの要素において変動します。時計に傷がついていればその分価格は下がりますし、付属品が揃っているのかどうかも重要です。

中古市場では高年式の時計の方がより高い価格設定となる傾向ですが、例外的に入手困難なレアモデルやヴィンテージ時計のような稀少性のある時計に関してはこれが当てはまりません。

このような「価格差」はお店毎によっても違うので、ネットでチェックしたり実際にお店に足を運んでみたりしながら判断材料としてみてはいかがでしょうか。

中古腕時計という選択肢

中古品のメリット・デメリットはお分かりいただけたかと思いますが、結局のところ皆様思うのは実際「中古腕時計」ってどうなのか?ということだと思います。

絶対に新品でなければ嫌だという方もいれば、中古でも良いという方もいるように意見は様々です。新品と中古どちらが良いというのは非常に難しいです。

しかし、時計を選ぶという観点からみれば選択肢が広がることや価格面でのメリットなど沢山の恩恵があります。

高級腕時計を選ぶ際にはついつい新品に目がいってしまいがちですが、しっかりとメンテナンスをしているものを選ぶことにより、新品に引けを取らない良品が見つかります。

腕時計の価格が高騰している現在だからこそ、少しでもお安く良い物を探してみてはいかがでしょうか?宝探しのようなときめきがあるかもしれません。

銀座エバンス


エバンス オンラインショップ


(※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、営業時間を変更しています。→詳細ページへ