エバンスブログ

エバンスブログ

「伝統と革新の昇華:クロノマスターオープン レトログラード」2016年7月26日

2016-07-26 13:47

(※本文中のリンクは、サイトリニューアルのためリンク切れになっていることがございます。予めご了承ください。)

こんにちは銀座エバンスの福永です。
本日はゼニスのクロノマスターオープン レトログラードをご紹介いたします。

21世紀の幕開けと共にゼニスに新たなステージへと導いたクロノマスターオープン。従来のゼニスのイメージを覆したムーブメントを露出させた大胆なダイヤルデザインは躍進の一手となりました。2009年にはCEOがティエリー・ナタフ氏からジャン・フレデリック・デュフール氏へと代わる事で、ゼニス全体のデザインは従来のクラシカルな路線へと戻りますが、クロノマスターオープンで培われた技術は今でも随所に引き継がれています。

Ref.18.0240.4023/01.C495

今回ご紹介のモデルは日付表示をレトログラードで表示する複雑機構を搭載しています。また、カレンダーとパワーリザーブ表示にメタリックブラウンを配する事でダイヤルの印象を引き締め、このモデルならではの雰囲気を生み出しています。

世界的な好景気を背景に活気を帯びていた当時の時計業界において、今では装飾過多に感じられるデザインもそこかしこに溢れ、機能面でも視覚に訴えるインパクトのある物が求められていました。一方で贅沢な素材使い、そしてデザインの制約を振り切ったようなモデルも数多く生み出され、腕時計の新たな境地を切り開いた役割も大きかったと思います。ゼニスが生み出したクロノマスターオープンは時代に迎合したモデルであり、その後の牽引役とも言える存在でした。

ケースフォルムはクロノマスターならではのものであり、特徴的な滑らかな階段状の造型がピンクゴールドの質感と相まって、他には無い個性を感じさせてくれます。また、手首への装着感に優れた40mm径のケースでありながら前述のケースフォルム、ムーブメントの一部を露出させたダイヤル、美しく磨かれ機能を指し示す針の数々、それらが渾然一体となりサイズ以上の存在感を感じて頂けます。

裏蓋はシースルー仕様で美しいローターをセットしたムーブメントがご覧頂けます。搭載されるキャリバーはゼニスの代名詞とも言えるエルプリメロ(El Primero 4023)です。今では当たり前となった自動巻クロノグラフですが、ゼニスはその先駆者として技術を失わず磨き続けてきました。その結果、伝統的な技術と革新的なデザインの融合が、新たな時代の幕開けとも言えるクロノマスターオープンへと昇華しました。

現行のゼニスのラインナップではあまり見られない、華のあるモデルをお探しでしたらオススメの一本です。皆様のご来店、お待ち致しております。

銀座エバンス

現金払い・銀行振込 「3%キャッシュバック」好評開催中です。

ショッピングローン分割払い 「48回まで分割無金利」好評開催中です。

<LINE@査定> 撮って、送って、カンタン仮査定! <メールマガジン> 無料、入荷情報などを配信中!