エバンスブログ

エバンスブログ

「並行店初上陸~ ラルフローレン」2010年10月10日

2010-10-10 17:34

(※本文中のリンクは、サイトリニューアルのためリンク切れになっていることがございます。予めご了承ください。)

こんにちは。今回のこのモデルは、並行店初入荷だと思います。商品は、表参道ラルフローレンブティックの国内正規品ですが… ラルフローレンの時計は、流通量が非常に少なく、販売場所もブティック限定になっている為に、殆ど並行新品では、入荷は難しいです。(ディスカウントもない為)
なので、中古品も全く出回りません。

ファッションブランドの時計という固定観念を捨てて下さい


ラルフローレンのコセプト
「時を超越した魅力を持つ、伝統的なデザインを残す事」をモットーに。
開発に4年の期間を経て、3つのコレクションが誕生した。
リシュモングループの傘下にあるピアジェ、ジャガールクルト、IWCのムーブメントが搭載されている超本格時計ブランドです。
組み立ては、ラ・コート・オフェのピアジェ工房とヴァルフルリエで行われています。
今回ご紹介するスティラップとは、あぶみの意味。最も個性的なデザインで、ポロの競技を連想させてくれます。
ムーブメントは、ジャガールクルト製、28800振動、48時間パワーリザーブ。
文字盤には、ラップ研磨のラッカー仕上げを採用し、ケース、針、クラスプの閉まり具合など、細部に渡るまで、ラルフローレン氏が最終的にチェックを行い、発売されています。
まるで、パテックフィリップのスターン会長が、リピーターを全部自分で最終的に検査をするように・・・世の中の大成している会社も、出発地点では、成功している企業を真似したように・・・ラルフローレンというブランドも同様の事が当てはまります。

今まで数多くファッションブランドが、高級時計を発売してきましたが、ただ時代の流れに乗って開発された物ではなく、不景気の中、新しいブランドを発表すると言う事は、それなりの信念、情熱が無くては継続できません。実際にご試着して頂くと解りますが、圧倒的な存在感、一流ブランドに劣らない完成度の高さ。こんな時代に誕生したブランドだからこそ、本当に素晴らしいブランドではないでしょうか。

銀座エバンス


エバンス オンラインショップ


(※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、営業時間を変更しています。→詳細ページへ