エバンスブログ

エバンスブログ

シャネルのブラックを腕に纏う / J12 ファントム H6185

2021-01-25 10:00

皆さまこんにちは。
いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

本日は、シャネルのアイコンウォッチ『 J12 』から “ J12 ファントム ” の中古品をご紹介させていただきます。

J12 ファントム ブラック 38mm 世界1200本限定 Ref. H6185

2019年版 J12 ファントム

2019年、J12誕生から20周年を目前としたこの年に、シャネルはJ12を「 何も変えずに、すべてを変える」というコンセプトの元に、一見すると違いがわりませんが全体の70%ものリニューアルを行ないました。

その中でも1番の変更点は、シャネル独自のオートマティック ムーブメント 『 Cal.12.1 』が搭載されたことです。これにより、パワーリザーブ 70時間とより実用性が高まっています。また、裏蓋はシースルーバック化され特徴的なローターを見ることが出来るようになっています。

J12 ファントム ブラック Ref. H6185
シースルーバックから見える新ムーブメント

この新しくなったJ12のデザインを元に同年、『 J12 ファントム 』が世界限定 各1200本販売されました。過去にもファントムモデルは限定販売されましたが、そのときはホワイトのみの展開でしたが、今回はブラックもラインナップ。それぞれ、ケース径 < 38mm ・ 33mm >の2サイズ展開です。

その4モデルの中から、今回中古品として < J12 ファントム ブラック 38mm Ref.H6185 > のご紹介です。

ベゼルの外周やリューズ、針、文字盤上のブランドロゴやレイルウェイ分目盛り、文字盤外周のインナーリングの目盛りは、色のトーンの違いはありますがシルバー、インデックス含め全体がブラックでまとめ上げられた1本。日付表示が廃され、シンプルにシャネル特有の美しいブラックをより愉しむことが出来ます。

過去のファントムモデルにはブラックはありませんでしたが、当時との違いはベゼルに数字の刻みが入り、針にはシルバー色が採用され、リニューアルに伴うムーブメントと裏蓋のシースルーバック化という点が、見た目にわかりやすい変更点となります。

ちなみに、本数限定モデルではありますが、限定ナンバーは設けられていません。

ブランドロゴなど白っぽく見えますが、明るめのシルバーが採用されています。

金属アレルギーをお持ちの方への注意点

ハイテク セラミックの特徴として、アレルギーフリーのため金属アレルギーをお持ちの方にもオススメ!
なのですが、ここは少々ご注意いただきたいポイントです。ケースやブレスレットはセラミックが使用されていますが、モデルによっては肌に触れる裏蓋やバックルなど一部ステンレスが使われている部分もあります。

自動巻きムーブメントと搭載したモデルはケースの裏蓋がシースルー化され、多少肌に触れる範囲が軽減されてはいますが、時計選びの際にはお気をつけください。

J12 38mm Ref.H0685
裏蓋やバックル、リューズにステンレスが使用されていることがわかります。

2013年、10周年記念モデル “ J12 ホワイト ファントム ”

前回ファントムモデルは2013年、J12 ホワイトの10周年記念モデルとして『 J12 ホワイト ファントム 』がケース径 < 38mm ・ 33mm ・ 29mm >の3サイズ展開で世界限定 各2000本が販売されました。 記念モデルらしく、裏蓋には < 10TH ANNIVERSARY LIMITED EDIITION > の刻印も入ります。 ただし、2019年モデル同様、こちらにも限定ナンバーはありません。

基本的なデザインは当時の通常モデルと変わりありませんが、日付表示とベゼルの数字表記が無くなり、インデックスと針は黒から白へ変わっています。また、ブランドロゴやレイルウェイ分目盛り、文字盤外周のインナーリングの目盛りは黒からシルバーへ変更され、全体がホワイトで統一された中にバランス良くシルバーが用いられた特別なモデルとなりました。


J12 ホワイト ファントム 38mm Ref.H3443 2013年 2000本限定モデル

J12 インテンス ブラック

ファントムモデルとしてブラックが出されたのは2019年が初ですが、似たモデルで『 J12 インテンス ブラック 』が2014年に、ワンショット限定モデルとして販売されています。本数が限られているものではありませんが、初回生産のみの販売だったため、それほど多く出回っているモデルではありません。

J12インテンス ブラック 33mm Ref.H3828

2014年に < 38mm ・ 33mm > の2サイズが出され、その後 < 42mm ・ 29mm > も登場しました。

「強烈な、激しい」という意味の「intense(インテンス)」。外装は文字盤のインデックスや針など黒で統一され、ベゼルの数字表記がなくなるなど、ブラックが全面に強くおし出されたインパクト大なモデルです。

前年に出ていたホワイトファントムとほぼ同様の仕様となりますが、大きな違いは文字盤の仕上げです。ホワイト ファントムの文字盤は光沢のあるシャイニーな仕上げが施されており、今回のファントムも艶のある文字盤ですが、インテンスブラックに関してはマットブラックが採用され、落ち着きあるブラックが楽しめるモデルとなっています。

マットブラックが印象的な “ J12 インテンス ブラック ”

まとめ

今回ご紹介した『 J12 ファントム Ref.H6185 』は、ケース径 38mmとメンズサイズとして大きすぎないサイズ感に、軽く使用感も良いので、日々のワードローブに欠かせない1本になること間違いなしです。

外出が難しい日々が続いておりますが、ご用でお近くへお越しの際には、この美しいブラック セラミックの質感をご覧になりに、ぜひお立ち寄りください。

銀座エバンス


エバンス オンラインショップ


(※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、営業時間を変更しています。→詳細ページへ