エバンスブログ

エバンスブログ

「スピードマスター オメガ:ムーンウォッチ プロフェッショナル、ファーストオメガインスペース」2015年10月9日

2015-10-09 19:15

(※本文中のリンクは、サイトリニューアルのためリンク切れになっていることがございます。予めご了承ください。)

こんにちは。銀座エバンスの藤本です。

10月に入り涼しいというよりは寒いと感じる日が増えて来ました。周辺のアパレルショップもニットやジャケットのディスプレイに変わりました。銀座はもうすぐ冬のイルミネーションが始まり、仕事帰りが楽しみになります。

本日は、実績と信頼のブランド、オメガのスピードマスターをご紹介します。

スピードマスター ムーンウォッチ プロフェッショナル
型番(Ref.) 311.30.42.30.01.005

オメガのスピードマスターは、20世紀に初めて宇宙に行った腕時計として知られています。
1957年の登場以来、横目のインダイヤルやタキメーターが刻まれたベゼルなどの基本のデザインを守り続けるスピードマスターのスタンダードラインです。そして高精度、視認性、堅牢さを特徴としています。
1965年にNASA公式装備品に採用されて以降、人類初の月面着陸ミッションの成功や、アポロ13号の宇宙飛行士救出の貢献など数々の伝説を築いて来ました。

特別仕様のケースにはスピードマスターのメタルプレート、ブラックのNATOストラップ、ベルクロストラップ、ルーペとベルト交換用ツールが付属しています。

スピードマスター ファーストオメガインスペース
型番(Ref.) 311.32.40.30.01.001

1962年10月、アメリカのマーキュリー計画の宇宙船シグマ7でウォルター・シラーの腕に着けられ、初めて地球周回軌道を飛行しました。そのときの意匠を忠実に再現したのがこちらのモデルです。リューズガードのない39.7mm径は50周年を記念した限定機です。裏蓋には個々にシリアルナンバーが刻まれるナンバードエディションです。

こちらは2013年国内発行ギャランティの為、未使用品となります。

腕時計の購入をご検討されたことがある方なら、知らない人はいないというほどのモデル、オメガ スピードマスター、1964年にNASA研究員の目に留まったスピードマスターは、温度、真空、湿度、腐食、衝撃、加速、圧力、振動、騒音といった様々な極限の環境テストで時計12ブランドの中で唯一クリアしました。
「ムーンウォッチ」という名誉あるニックネームは、このテストを経て、与えられることになったのです。
以来、スピードマスターは、NASA による 月面 や宇宙船外での活動や、ロシアの航空宇宙庁・NPOエナージアによる宇宙空間での使用が認められた唯一の時計として輝かしい功績を残しています。

スピードマスターその他のラインナップはこちらからご覧いただけます。

銀座エバンス


エバンス オンラインショップ


(※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、営業時間を変更しています。→詳細ページへ