エバンスブログ

エバンスブログ

威風を感じる3つのレトログラード:ハリー・ウィンストン「オーシャン トリレトロ クロノ ブラックザリウム」2015年8月18日

2015-08-18 19:33

(※本文中のリンクは、サイトリニューアルのためリンク切れになっていることがございます。予めご了承ください。)

こんにちは。銀座エバンスの藤本です。
猛暑日が続いたと思えば、最近は少し過ごしやすくなった気がします。お盆休みも終わりましたが、海や花火大会など、夏の思い出は作れましたか。まだまだこれからという方も意外と多いかもしれませんね。

さて、本日は宝飾業界の頂点を極めたハリー・ウィンストンのタイムピース、「オーシャン トリレトロ クロノ ブラックザリウム」をご紹介したいと思います。
型番(Ref.) OCEACT44ZZ002

最高級宝飾品ブランドとして名高いハリー・ウィンストンの腕時計は、1989年、ハリーの息子であるロナルド・ウィンストンによって初めて世に出されました。
腕時計のほとんどが、時計製造業界の中枢であるジュネーブの時計職人の手作業による複雑時計であり、その中でもバイレトログラード(秒針を曜日とともに2本の扇形目盛で表示)は世界初の機構です。また、文字盤とケース、ブレスレットはすべて自社生産されています。

高性能自動巻きムーブメントが搭載された「オーシャン トリレトログラード クロノグラフ」。 こちらは3つのレトログラードをオフセンターに配したクロノグラフモデルです。

ブラックで統一されたシックな外観とハリー・ウィンストンの時計作りへのこだわりを存分に感じられるグレーのスケルトン文字盤は、威風を感じます。

ハリー・ウィンストンは、2001年、ジルコニウムを主成分とするチタン合金、宇宙航空工学の分野で使用される特殊合金「ザリウム」をケースに採用した独創的なタイムピース・コレクションを発表しました。傑出した軽さと耐久性を特徴とするザリウムは、デザイン面での技術革新を実現した理想的な素材です。
こちらはブラック・コーティング(DLC加工)のスタイリッシュなデザインと、軽やかな着け心地のよさを兼ね備え、高い耐傷性を実現しています。

ダイヤモンドの王が創り出すラグジュアリーとハイクオリティの精神を継承したタイムピースは、今尚革新技術の粋を極めた時計として進化し続けています。

また、先日パネライが多数入荷致しました。普段店頭に無い商品も多数ございます。
ハリーウィンストン、パネライは銀座エバンスの2階にて展示しています。

エバンス オンラインショップ ハリー・ウィンストン 商品一覧へ

銀座エバンス


エバンス オンラインショップ


(※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、営業時間を変更しています。→詳細ページへ