エバンスブログ

エバンスブログ

「物語のある時計:ピエールクンツ キュピドン」2012年10月26日

2012-10-26 06:22

(※本文中のリンクは、サイトリニューアルのためリンク切れになっていることがございます。予めご了承ください。)

こんにちは、福永です。
本日はピエールクンツのキュピドン(USED)をご紹介いたします。
2005年に発表されたキュピドンは、元来女性用のモデルでありながら、その絶妙なサイズとユーモアある機構、そして時計に込められた物語に共感を感じる男性の使用者も多い、同ブランドを代表する人気モデルです。

Ref.PKM102STR


モデル名の通り『キューピッド』をコンセプトにしたデザインは、象徴的なハートを多く取り入れられています。文字盤中央のスケルトン部分、時分針そしてレトログラード秒針へと。
『レトログラードの魔術師』と呼ばれるピエールクンツならではの機構を、20秒毎の秒針に採用する事で、文字盤の上ではリズミカルなリレー方式で秒針が時を刻みます。

裏面からは『アダムとイヴの物語』をモチーフにした手巻きムーブメントを見る事が出来ます。
下方には平和の象徴である2羽の鳩、右上にはマリッジリング、歯車はエデンの園のリンゴを象られ、さらにはイヴをそそのかしたされる蛇が左上に位置します。時計の心臓部にあたるムーブメントに、愛の象徴とされる神話を織り込んだ様は、デザインと機能を見事に昇華した傑作と言えます。

ケースはグレイゴールドと呼ばれる独自の金素材を直線基調の構築的なデザインでまとめ上げられ、側面には緻密なコインエッジ、上面には繊細なへアラインが施されています。
物語の込められたムーブメント、そして躍動的な文字盤とは対照的に、ケースは実に静かで重厚な雰囲気を漂わせ、さながら時を奏でる役者を支える舞台の様な印象を与えます。

実際の着用例です、冒頭でも申し上げました様に男性が着けても、全く違和感の無いサイズです。
キュピドンで腕元に知的な遊び心を加えたコーディネイトとはいかがでしょうか。
なお、交換用のグリーンのベルト(純正尾錠付)も付属いたします。

銀座エバンス


エバンス オンラインショップ


(※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、営業時間を変更しています。→詳細ページへ