エバンスブログ

エバンスブログ

ゼニスの名機 “ エル・プリメロ ” 搭載モデル

2023-02-27 10:00

皆さまこんにちは。
いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

本日は、ゼニスが生み出した名機 “ エル・プリメロ ” を搭載し、ゼニス以外のウォッチブランドから過去に発表されたモデルから、ごく一部ではありますが3点をご紹介させていただきます。

ゼニス クロノマスター エル・プリメロ A384 リバイバル Ref.03.A384.400/21.C815 (中古)
文字盤上にも「El Primero」のロゴが入っています。

エル・プリメロとは

1865年にジョルジュ・ファーブル=ジャコによってスイスのル・ロックで創業されたゼニス。創業者の名前がブランド名となっている場合が多い印象ですが、“ ゼニス ” は「頂点」という意味を持つ言葉だそうです。

ゼニスは、一貫して自社で時計の製造を行うマニュファクチュールブランドの先駆けとなり、数多くの優れた機械を産み出してきました。

そして、1969年1月に世界初の一体型動自動巻きクロノグラフムーブメントとして発表されたのが『エル・プリメロ』です。エル・プリメロはエスペラント語で「No.1」という意味があり、開発から50年以上が経過した現在でも、ゼニスのアイコンと言えるムーブメントとなっています。

1969年に自動巻きクロノグラフは他のメーカーも発表していますが、エル・プリメロの最大の特徴は「高振動」という点です。当時の自動巻きムーブメントのほとんどが「21,600振動/時 」 のなか、エル・プリメロは「36,000振動/時」と超ハイビートを実現しています。振動数が多いことにより、1/10秒まで計測することが出来、また高い精度を実現しました。さらに約50時間のパワーリザーブを誇り、品質の高い高級機として現在に至るまで時計愛好家を始めとする多くの方々から支持され続けています。

クォーツショックの影響により、1975年にゼニスでは機械式時計の生産が完全にストップするという苦境もありながら、1980年代に自動巻き時計の復活とともにエル・プリメロも製造の再開を果たします。そのきっかけとも言えるのが、他社メーカーからのエル・プリメロの提供依頼が入ったことだそうです。

ここからは、ゼニス以外のブランドでエル・プリメロが搭載されているモデルを一部ご紹介したいと思います。

ゼニス クロノマスター リバイバル エアウェイト カバーガール Ref. 95.A3818.400/51.M3818 (未使用品)
1971年に発表された幻の名作モデル「A3818」の復刻版として、2022年に発表された限定モデル。
シースルーバックから、ゼニスの名機 “ エル・プリメロ ” を見ることが出来ます。

ロレックス デイトナ Ref. 16520

エル・プリメロ搭載モデルとして絶対に外すことが出来ないのは、やはり『ロレックス デイトナ Ref.16520』。2000年に生産終了となってから20年以上経過していますが、現在も高い人気を誇る、ロレックスとしても代表的なモデルのひとつです。

これ以前のデイトナは手巻き式のクロノグラフモデルでしたが、 Ref.16520のムーブメントには「エル・プリメロ」をベースとし、ロレックスが改良を加えた自動巻きムーブメントCal.4030を搭載しています。

エル・プリメロ最大特徴であり、高精度を生み出すハイビート仕様から、振動数をあえて28,800振動/時に落とすことで、耐久性を重視した設計に変更しています。

ロレックス デイトナ ブラック文字盤 Ref. 16520 (中古)
ムーブメントには、エル・プリメロがベースとなっている「Cal. 4030」が搭載されています。

こちらは初期に作られた、12時間計の「6」が逆さ表記になっている希少な “ 逆6 ” ダイアルです。

パネライ ルミノール クロノ PAM00072

パネライでも、エル・プリメロを搭載したモデルはいくつかありましたが、今回はその中からエルプリメロをベースとした「キャリバーOP Ⅳ」を搭載する40mmケースのルミノール・クロノ「PAM00072」をご紹介します。

パネライでは、ケースバックをシースルーにすることで、エル・プリメロベースのハイビートの動きを眺めることが出来る仕様となっています。

モデルとしては、素材は耐久性が高く軽量なチタンとポリッシュ加工されたステンレスを組み合わせてあり、ケースやリューズガードと一体化したプッシュボタンのデザインも特徴的です。

パネライ ルミノール クロノ 40mm Ref. PAM00072
2000~2002年頃までの比較的短い生産期間でしたので、流通量もあまり多くないモデルとなります。
シースルーバックからは、ハイビートの非常に細かな動きを眺められます。

タグ・ホイヤー モンツァ キャリバー36 Ref. CR5110.FC6175

タグ・ホイヤーからは、モータースポーツにルーツを持つモデルのひとつ 「モンツァ」 に 、エル・プリメロをベースとした「キャリバー36 」 を搭載したクラシックモデル「モンツァ キャリバー36 Ref. CR5110.FC6175」です。

「キャリバー36 」は、エル・プリメロの36,000振動から来ているそうです。こちらもパネライと同様に、シースルーのケースバックから緻密な機械を見ることが出来る仕様となっています。

またキャリバー36は、モンツァ以外にもカレラやリンクにも搭載されていました。

タグ・ホイヤー モンツァ キャリバー36 Ref. CR5110.FC6175
パネライ同様、こちらもシースルーバックからムーブメントが見られる仕様となっています。

まとめ

何度も申し上げますが、今回ご紹介させていただいたエル・プリメロ搭載モデルはごく一部です。

今現在では、自社ムーブメントの開発・製造を主とするメーカーが多くなっていることもあり、ゼニス以外では、他社ムーブメントであるエル・プリメロをベースとする機械を搭載するモデルは生産終了となっているものがほとんどではあります。

しかしながら、これまでに出されているメーカーにはウブロやブルガリ、エベル、ルイ・ヴィトンなどなど数多くありますので、気になる方はぜひブランドだけではなく、ムーブメントで見ていただくこともオススメです。

銀座エバンス

  • 東京都中央区銀座5-5-11(みゆき通り) 

  • TEL:

    03-6274-6740(11:00~20:00)


エバンス オンラインショップ


エバンス 時計買取専門店

  • (12:30~19:00 水曜定休)

  • 東京都中央区銀座6-9-16(ユニクロ銀座店 (すずらん通り側) 隣)