エバンスブログ

エバンスブログ

女性のためのクラシカルな上品時計/ブレゲ クラシック Ref.8067BA/52/964

2021-12-06 10:00

皆さまこんにちは。
いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

本日は歴史と気品に溢れた、ブレゲを代表するコレクション 『 クラシック 』 のレディースモデル “ 8067BA/52/964 ”の中古品をご紹介させていただきます。

ブレゲ クラシック レディース Ref. 8067BA/52/964

女性にも愛される “ ブレゲ ”

ブレゲは高級時計メーカーの中でもとても歴史の長いブランドのひとつです。それは、1775年にパリのシテ島に天才時計師 アブラアン – ルイ・ブレゲ が高級時計工房を開いたことから始まりました。

そんな天才時計師が作り出す時計は、フランスを始めとする王侯貴族を魅了します。ブレゲには1787からこれまでの顧客台帳が残されているそうで、その中にはマリー・アントワネットやジョゼフィーヌ皇后など、歴史に残る著名な女性の名前も記されおり、高貴な女性からも愛されていたことが伺い知れます。

また、1810年には世界初のブレスレットウォッチと言われる腕時計を、 ナポレオンの妹でナポリ王妃となったカロリーヌ・ミュラからの依頼により特別に制作されたそうです。この歴史的な腕時計に着想を得て作られたジュエリーウォッチ、 “ クイーン・オブ・ネイプルズ ” を始めとする、伝統の技術に洗練された優美な数々のコレクションは、現在もその上品で凛とした雰囲気でオーナーを魅了し続けています 。

ブレゲ クィーン・オブ・ネイプルズ Ref. 8928BB/51/844 DD0D
愛らしい卵型のケースにマザーオブパールの文字盤、ダイヤモンド使いがゴージャスで気品が漂うモデルです 。

クラシック Ref. 8067BA/52/964 の特徴とオススメポイント

今回はブレゲのレディースウォッチの中から、古典的で美しいブレゲの伝統を引き継ぐコレクション “ クラシック ” の「 Ref. 8067BA/52/964 」をご紹介いたします。

ケース径30㎜と比較的コンパクトな自動巻きモデルですが、シンプルな中にブレゲの長い歴史と伝統に裏打ちされた技術が凝縮されたモデルとなっています。「 クラシック 」の特徴とオススメポイントをご案内して参ります。

ブレゲの伝統と技術がつまったダイアル

この時計をパッと見たときにまず目に留まるのが、透明感のあるナチュラル マザーオブパールダイアルです。真珠母貝の真珠層から薄く切り出された天然の素材ですので、全く同じ質感や光沢感、色合いのものはなく、 “ 世界でひとつだけ ” という特別感があります。

その薄く繊細なマザーオブパールダイアル美しく刻まれた「ギョーシェ(ギヨシェ)」。このギョーシェ彫りはブレゲの伝統的な技術のひとつです。1786年頃に創業者であるアブラアン – ルイ・ブレゲにより開発され、多くの種類のパターンがあります。代表的なものでは、鋲打ちのような[ クル・ド・パリ ]やパリの石畳のような[ パヴェ・ド・パリ ]、麦の穂のような[ バリーコーン ]などなど、文字盤上を芸術的に彩ります。

そしてこのギョーシェは、旋盤を使い巧みな技で職人が手彫りしています。文字盤にギョーシェを施しているメーカーは多くありますが、そのほとんどがプレスを採用しているそうで、現在もこの緻密なデザインを手彫りで行っている数少ないメーカーとなっています。このとても繊細な作業を、とても繊細なマザーオブパールに施されていることに驚き、また見れば見るほど魅せられます。

今回ご紹介のモデルでは、繊細なマザーオブパール文字盤に美しく施されたクル・ド・パリのギョーシェによって、光の反射による色味の変化がより一層きれいに映えます。

また、特徴的な針も「ブレゲ針」と呼ばれるブレゲを象徴するデザインのひとつ。1783年頃に考案された、細い針の端が円形で中がくり貫かれたデザインが、ブレゲの時計であることを表し、また文字盤にクラシックな上品さをもたらします。

ちなみに、こちらのモデルでは採用されていませんが、ブレゲの多くのモデルの文字盤上に見られるのが、「 シークレットサイン 」です。これは、1795年頃から偽造防止の観点で用いられるようになったそうで、こちらもノミで1点1点手作業で刻まれていて、シークレットと言うだけあり一見すると分かりにくいので、ブレゲの時計を見かけたときにはぜひ探してみてください。

ブレゲ クラシック GMTアラーム Ref. 5707BB/12/9V6
こちらのモデルでは、ひとつの文字盤上でクル・ド・パリやパヴェ・ド・パ、バリーコーンやダミエなど様々なパターンの美しいギョーシェ彫りを堪能することが出来ます。 また、シークレットサインも見られます。
文字盤上に刻まれた、シークレットサイン

繊細な手作業はケースにも

ブレゲの特徴的なデザインはケースにも見られます。まずはケース側面には「コインエッジ」と呼ばれる装飾が施されています。これは、その名の通りコインの側面には連続して溝が刻まれており、こちらも技術者の手作業によって規則正しく形づくられます。

また、ケースとストラップを繋ぐラグデザインもブランドならではのデザインとして知られます。ラグにストラップを留める際、一般的にはバネ棒が用いられることが多く、それによりストラップの付け替えを容易に行えるメリットもありますが、ブレゲでは敢えてバネ棒を採用せずに横からネジ留めにすることで、安全性と全体的なデザインの美しさを保っています。これらも全ては長い歴史に裏打ちされた、優れた技術があるから作り上げることの出来るデザインです。

ケース側面に施されたコインエッジと、丸みを帯びたラグデザイン。ストラップはラグの横からネジで固定されています。

美しく仕上げられたムーブメントが見られる、ケースバック

こちらの時計、自動巻きモデルとなりますが、裏蓋部分にサファイアクリスタルが採用された「シースルーバック仕様」となっています。そこからは美しく仕上げられたムーブメントを眺めることが出来ます。このシースルーバック、女性であまり気されている方は多くないように思いますが、自動巻きムーブメントにはローターと言う半円形のような板があり、ブレゲではこのローターにもギョーシェ彫りが施されているので、裏側から見ても美観が保たれた仕様となっています。一度実際にご覧いただければと思います。

シースルーバックケースから見える、ギョーシェが綺麗なムーブメント


まとめ

コンパクトなケースサイズには、繊細な技術の数々を見て感じることの出来るモデルです。素材の18Kイエローゴールドにネイビーカラーのアリゲーターストラップが華やかさと落ち着いた印象で、ビジネスや少しフォーマルな場面にはぴったり。

クラシカルな雰囲気お好みでしたら、ぜひオススメしたい1本です。

< ブレゲ Ref. 8067BA/52/964(中古)の商品詳細はこちらから → https://evance.co.jp/products/detail/16716

< ブレゲの商品一覧はこちらから → https://evance.co.jp/user_data/breguet_brand

銀座エバンス


エバンス オンラインショップ