エバンスブログ

エバンスブログ

なめらかなフォルムがかっこいい “ カルティエ ロードスター”

2021-09-13 10:00

皆さまこんにちは。
いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

本日は、現在は生産終了となっているカルティエのスポーツモデル “ ロードスター LM Ref. W62025V3 ” の中古品が入荷いたしましたので、ご紹介させていただきます。

カルティエ ロードスター LM Ref. W62025V3 (中古)

ロードスターとは

“ ロードスター ” は、パシャに続くカルティエのスポーツモデルとして、2002年に登場しました。上品で洗練されたデザインのイメージが強いカルティエにおいて、パシャに次ぐスポーツラインのコレクションとなります。カルティエらしいエレガントさは残しつつ、当時としては、これまでにはないスポーティーさが見て取れます。

モデル名である「ロードスター」は、オープンタイプのスポーツカーを表す呼称。カルティエの “ ロードスター ” は、1960年代のクラシックスポーツカーをモチーフにデザインされています。流れるように滑らかなフォルムを見ると、納得です。

また、ケースデザインのベースとなっているのは、亀の甲羅をイメージしてデザインされた「トーチュ」と言われています。2つを比べてみると、ケース形は類似してはいるのですが、上品でクラシカルなトーチュと男性的でスポーティーなロードスターはコンセプトの違いを感じさせてくれます。

コレクションプリヴェ カルティエ パリ トーチュ XL Ref. W1545951
トノーウォッチから派生し亀の甲羅をモチーフに作られたケースは、丸みを帯びた艶やかなラインが特徴となっています。

スポーツカーをモチーフとした、流線型の洗練されたフォルムが特徴的なロードスター

ロードスターの特徴

ロードスターの特徴的な部分のひとつが、サファイアガラスの拡大レンズからリューズに向かい、流れるように繋がりのあるデザインです。ロレックスのように、日付部分にのみドーム状のレンズが付いている形状が多い中、中央付近からリューズ側に向かって広がっていくような形のレンズは目を引きます。またそれに伴う突き出たような大きめのリューズもロードスターならでは。操作性も兼ね備えたデザインは秀逸です。

ラグのネジ部分もまた特徴的。モチーフとなっている1960年代のアメ車のテールランプを思わせるようなデザインによって、よりスポーツカーのイメージが増しています。

特徴的な拡大レンズからリューズへの繋がりあるデザインに、アメ車のテールランプを思わせるラグのネジ部分が目を引きます。

付け替え簡単なブレス仕様

ロードスターのもっとも見逃せないポイントは、ワンタッチで簡単にブレスレットとストラップの付け替えが出来る点です。

現在ではサントス ドゥ カルティエなど、ブレスレットの調整までご自身で調整を出来るような仕様のモデルも増えていますが、この当時でなかなかありませんでした。

裏蓋側のケースとブレスレットの接続部分にあるレバーを引きながらスライドさせることで外すこと出来、逆に溝に沿ってスライドさせながら「カチン」と音がするまで押し込むことで取り付けが完了します。

接続部分がレバー式になり、ブレスレットとストラップとの付け替えが楽々行え、1本で2通り愉しめます。

時計選びの際にブレスレットタイプにるすか、ストラップタイプにするかで悩まれる方も多いと思いますが、そんな悩みを解消してしてくれ、その日の気分やファッションによって付け替えながらお愉しみいただけます。

純正の交換用トワルストラップが付属します。

ロードスターのオススメポイント

今回ご紹介のロードスターは「LMサイズ」。 ケース径は縦42mm×横38mmと大きすぎず手首におさまりの良いサイズです。最近のスポーツモデルですと、デカ厚モデルが多く見られますが、こちらは程よいボリューム感ですので大きすぎてスポーツモデルを断念されている方には特にお勧めです。

また、ストラップに付け替えることで、よりすっきりとご使用いただくことも出来ます。

現在は生産終了となっているため中古での流通となりますが、価格は30万円台とての届きやすい価格帯です。ロードスターはカルティエのその他のモデルと比べると、比較的生産本数が少ないコレクションとなりますので、ご興味がある方はぜひご検討ください!

シルバー文字盤でスーツにもカジュアルにも、邪魔せず使いやすい1本です。

<カルティエ ロードスター LM Ref.W62025V3(中古) の商品詳細はこちらから → https://evance.co.jp/products/detail/16471

<カルティエの商品一覧はこちらから →  https://evance.co.jp/user_data/cartier_brand

ロードスターのバリエーション

今回はシンプルな3針タイプのロードスターをご紹介しましたが、もちろん他にも様々なタイプがありますので、一部ご紹介いたします。

ロードスター LM Ref. W62002V3
ロードスター発表初期のダイアルデザインです。カルティエでは珍しい薄いグリーン色の夜光と赤の2色のアラビアインデックスが印象的。

ロードスター XL Ref.W62020X6
ロードスターの中でも人気の高かったブラック文字盤のクロノグラフモデルです。「XLサイズ(縦46mm×横39mm)」とボリュームがあり、スポーティーかつエレガントな印象です。

ロードスター SM Ref.W62017V3
発表当初はメンズのみでしたが、その後レディースモデルも登場しました。レギュラー仕様はシルバーとピンクの2色展開。こちらのピンク文字盤は淡い色味で女性らしさがあり人気でした。

この他にも限定モデルなど、ロードスターにも様々な仕様のモデルがありますので、いろいろとお探しになってみるのもオススメです。


銀座エバンス


エバンス オンラインショップ


(※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、営業時間を変更しています。→詳細ページへ