エバンスブログ

エバンスブログ

「理想の時計を求めて:ラルフローレン RLスポーティングクロノグラフ」2017年1月17日

2017-01-17 12:38

(※本文中のリンクは、サイトリニューアルのためリンク切れになっていることがございます。予めご了承ください。)

ブログをご覧の皆さまこんにちは、銀座エバンスの福永です。

世界で最も知名度の高いラグジュアリーブランドの一つであるラルフローレンが手掛ける、スポーティングクロノグラフをご紹介いたします。

Ref.RLR0236800

ラルフローレンが時計業界へ参入を果たしたのはリシュモングループと合弁会社を設立した2007年まで遡ります。自身が時計愛好家というラルフローレンにとって、自らの名を冠した時計を作ることは理想を具現化すると同時に、服飾を中心としたコレクションに欠けていた最後のピースを埋め込む事であったのではないでしょうか。

また、時計という極めて特殊な製品を作るにあたり、高級時計市場の牽引役とも言えるリシュモングループと協調する事で豊富な資源を活用し、見かけだけにとらわれない高級時計市場で十二分に通用する製品作りを実現させています。


2009年に発表された古典的でユニークなスティラップコレクションなどからスタートしたウォッチコレクションは次第にラインナップを拡大し、2012年には今回ご紹介のスポーティングクロノグラフが発表されました。

デザインのモチーフはヴィンテージカーの蒐集でも知られる同氏ならでは、1950~60年代の年代のフェラーリレーシングカーのフォルムと色からと言われています。機能を形へと転換させるレーシングカーと、装飾品でありながら極めて緻密な工業製品である腕時計は、どこか通じる部分が感じられます。


時計の心臓部とも言えるムーブメントにはジャガールクルトの手掛けるCal.RL750が搭載されます。2003年より製造が始まったムーブメントをベースに採用する事で製品としての安定性と、高額な新機種を避ける事でバランスの取れた価格を実現できる点において優位性が保たれているのではないでしょうか。


ケース・ブレスレットはジルコニウムセラミックを採用し、またブレスレット中央部の赤いパーツに関してはラバー素材を採用、素材は異なれど質感を合わせる事で、全体の統一感へと繋がっています。ブレスレットの形状はオーソドックスなタイプですが、開閉もプッシュタイプの観音開きと装着感に優れた設計がなされています。


時計をはじめヴィンテージカーなど多岐に渡り相当なコレクターとして知られる同氏ですが、自身の好きが高じてプロデュースしたかのようなウォッチコレクションの数々は、ビジネス的な側面は当然持ち合せながらも、自身の経験そして造詣の深さからくる拘りを製品に投影できる割合が他メーカーに比べ著しく高く、趣味を突き詰めたある種贅沢な時計を作り出すに至っているのではないでしょうか。

高級時計は数あれど、他とは異なる価値観で生みだされるラルフローレンのウォッチコレクションを、是非一度お試しください。

銀座エバンス

現金払い・銀行振込 「3%キャッシュバック」好評開催中です。

ショッピングローン分割払い 「48回まで分割無金利」好評開催中です。

<LINE@査定> 撮って、送って、カンタン仮査定! <メールマガジン> 無料、入荷情報などを配信中!