エバンスブログ

エバンスブログ

ほどよい遊び心。「OMEGA(オメガ) ダイナミック 3針デイト Ref.5200.50」2020年8月24日

2020-08-24 10:30

今回のエバンスブログは「OMEGA(オメガ) ダイナミック Ref.5200.50」(生産終了品)のユーズドウォッチをご紹介します。1990年代後半に、オメガの廉価モデルとして作られたシリーズで、一部にじわじわと人気の兆しがあるのだとか。

 

今回の時計の概要

OMEGA ダイナミック 5200.50OMEGA ダイナミック 5200.50

こちらの「オメガ ダイナミック Ref.5200.50(5200-50)」は、OMEGA(オメガ)のシンプルな3針タイプ。36mm径のケースに自動巻きムーブメントCal.1108を搭載します。1990年代後半から2000年代初め頃まで生産されていました。以前、当ブログで紹介した「スピードマスター マーク40 AM/PM」と同時期1997年頃の登場だったようです。

 

OMEGA(オメガ)

スピードマスターシーマスター アクアテラシーマスター ダイバー300 シーマスター プラネットオーシャン600コンステレーションデ・ビル

(OMEGAの代表的なモデル)
■1:スピードマスター、■2~4:シーマスター(2:アクアテラ 3:ダイバー300 4:プラネットオーシャン)、■5:コンステレーション、■6:デ・ビル

1848年にスイスで創業された高級腕時計ブランド「OMEGA(オメガ)」。その名はギリシャ語で「究極」を意味しているとか。ブレゲ、ブランパン、ロンジン、ハミルトン等を擁すスウォッチグループの中核をなすブランドで、多様なモデルが存在します。主なコレクションはスピードマスター、シーマスター、コンステレーション(=星座という意味)、デ・ビル(=街角を意味)。今回の「ダイナミック」は、その他のグループにいたシリーズとなります。

 

DYNAMIC(ダイナミック)の3代目

OMEGA公式サイトより ダイナミック IOMEGA公式サイトより ダイナミック IIOMEGA公式サイトより ダイナミック IIIOMEGA公式サイトより ダイナミック III クロノグラフ

(ダイナミック:1960年代の初代、1980年代の2代目、1990年代の3代目)
出典:オメガ公式サイト ■初代→https://www.omegawatches.jp/ja/watch-omega-geneve-dynamic-i-st-135-0033 ■2代目→https://www.omegawatches.jp/ja/watch-omega-seamaster-dynamic-ii-st-196-0301 ■3代目→https://www.omegawatches.jp/ja/watch-omega-dynamic-iii-5203 ■3代目クロノ 革ベルト→https://www.omegawatches.jp/ja/watch-omega-dynamic-iii-5203

今回のダイナミック、同型のものが公式サイトで「DYNAMIC III」として掲載されていて、「3代目」ということになります。初代は、1960年代後半に発売された、横長のオーバル(楕円形)ケースに同心円状ツートン文字盤のモデル。「ジュネーブ ダイナミック」とも呼ばれています。当時の宇宙や未来への憧れを形にしたレトロフューチャーなデザインに、独特な一体式ベルト交換システムなどを備えた、個性的で意欲的なモデルでした。(レディースモデルも存在)文字通りdynamic(=力強い、活動的な)だったわけです。

2代目は、1980年代中頃に「シーマスター ダイナミック」として登場、上下非対称なベゼルが個性的なモデルでした。

そして、3代目「ダイナミック」は、うって変わってミリタリーテイストの控えめなデザイン。インデックスの数字に、少しだけ活動的な雰囲気を残しています。

 

ラインナップと位置づけ

OMEGAカタログよりOMEGAカタログより

(1998年頃のOMEGA公式カタログから)
■画像1:表紙/ダイナミック5290.50クロノグラフ,革ベルト仕様  ■画像2:ダイナミック5250.50デイト3針 ,革ベルト仕様、ダイナミック5290.50クロノ,革ベルト仕様、ダイナミック5240.50クロノ,ブレス仕様)

3代目のラインナップは、今回の36mm径「3針デイト(5200.50など)」に加え、38mm径「2つ目クロノ(5240.50など)」が存在。それぞれにレザーベルト仕様もありました。

当時のカタログでは、レーサーの「ミハエル・シューマッハ」が自動巻きのスピードマスターを、弟の「ラルフ・シューマッハ」がダイナミックを着用した写真が掲載されていました。クロノグラフ&ブレスレット仕様でも10万円台半ばという廉価な定価設定だったようで、文字通り弟分なポジションでした。カタログの片隅に載ってはいたけれど、約5年ほどでひっそりと消えていったモデルだったようです。

 

この時計について

OMEGA ダイナミック 5200.50OMEGA ダイナミック 5200.50

(大きめのリューズはねじ込み式。風防はサファイアガラスでケースの厚さは約9.4mm)

ミリタリーウォッチの面影が感じられる3代目ダイナミック。オメガは1940年代に「ダーティ・ダース(The Dirty Dozen)」の1社として、イギリス軍向けミリタリーウォッチを供給していた歴史があり、そこから着想を得たものと思われます。

丸井(マルイ OIOI)限定(5202.51)として、文字盤や裏蓋にイギリス軍に由来する矢印型の「ブロードアロー」マークが入ったバージョンもありました。

個性的な数字フォントが印象的な3代目ダイナミックですが、ケースの形状は一般的なミリタリーウォッチのスタイル。大きめのリューズが軍用感を高めています。ケースやブレスレットは、ほぼ全てヘアライン(梨地)仕上げ。鏡面仕上げの面がないため、メリハリがなく地味ではあるのですが、キズが目立ちにくいという利点があったりします。

OMEGA ダイナミック 5200.50OMEGA ダイナミック 5200.50

(インデックスの数字とカレンダーの数字はフォントが異なる 大きめなリューズとねじ込み式の裏蓋)

マットブラックの文字盤やひし形の時分針も、ミリタリー由来の意匠で、イエローの差し色が効いています。インデックス数字の斜体のかかった独特なフォントが、質実剛健なミリタリースタイルに、ほどよいカジュアル感を加えています。
カレンダーの背景はブラックで、文字盤とすっきり一体化、カレンダーの文字も斜体ですが、インデックスとは異なる書体で、読みやすさを考慮しているようです。

ねじ込み式の裏蓋と金属製のインナーカバーに守られたムーブメントは、ETA(エタ)社製で定評のあるCal.2892-2をベースとした自動巻き「Cal.1108」を搭載。当社でオーバーホールやケースの磨きを終えています。また、こちらの1本は製造番号(55XXXXXX)から1990年代後半品と推定されます。

 

意外といいかも

OMEGA ダイナミック着用例

(腕周り約16.5cmのスタッフが腕に乗せてみました。 夜光はスーパールミノバ)

少し変わった時計。というのが第一印象でしたが、案外見かけないこのタイプ、ほどよい遊び心があり意外といい1本かもしれません。中古の相場感もじわじわと上がっている(それでも10万円台が主)模様です。小ぶりなミリタリー系で、コストパフォーマンスのよい3代目「ダイナミック」。2カウンタークロノも3針デイトも、日本だけでなく海外でも一部の方に見直され、愛されている印象です。

ブレスレットをレザーベルトやNATOストラップに替えると、ミリタリー感が強まり、より楽しめそうな1本。インデックス書体の好みはあるかと思いますが、ちょっとした遊び心のあるこんなモデルを、お手持ちの1本に追加してみるのもいいかもしれません。

 

「OMEGA(オメガ) ダイナミック III Ref.5200.50 (ユーズド)」
(1990年代後半頃、自動巻き、36mm径、ステンレス、サファイアガラス風防、ブレスレット長さ 約19cm、ベルト幅 約19mm、重さ 約102g、箱・取説付き)

エバンス オンラインショップ 「オメガ中古ウォッチ一覧」

銀座エバンス


エバンス オンラインショップ


(※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、営業時間を変更しています。→詳細ページへ