エバンスブログ

エバンスブログ

「ロレックス フラットバック」 2011年11月29日

2011-11-29 14:20

(※本文中のリンクは、サイトリニューアルのためリンク切れになっていることがございます。予めご了承ください。)

こんにちは、福永です。
本日はロレックスのアンティークモデルをご紹介致します。

アンティークモデル フラットバック
■型番 Ref.2765

1930年代に製造された、フラットバックと呼ばれるモデルです。
フラットバックという名称は、自動巻機構が搭載され裏蓋の膨らんだバブルバックに対して、裏蓋が平らなことからそう呼ばれています。
今ではロレックスの代名詞ともなったオイスターケースを、開発初期の頃から採用したモデルで小振りなケースながら現在のスタイルに通じる完成度の高さが伺い知れます。
文字盤のデザインについては、バランスよく配されたアラビアインデックスにアンティークならではのブルースチール針、そしてミラーサークルの静かな輝きが印象的です。
また、ラグの間を覆う形状のストレートエンドと呼ばれるケースフォルムもまた特徴的な意匠と言えます。

ムーブメントは姿勢差の調整に加え、REGLEE AUX TEMPERATURES(温度調整)までも行った高級仕様のものを搭載しています。
時計自体の価値が現在より遥に高かった時代に作られ、さらに高みを目指したモデルと言えます。

現行のカッチリとしたモデルとは異なる、どこか温かみのあるアンティークウォッチ。
数多あるアンティークウォッチとの出会いは、まさにお客様と時計との巡り会いとも言えます。
人とは違った個性溢れるモデルをお考えの皆様、ぜひアンティークウォッチの魅力に触れてみて下さい。

エバンス オンラインショップ
ロレックス アンティークウォッチ一覧へ

銀座エバンス


エバンス オンラインショップ


(※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、営業時間を変更しています。→詳細ページへ