エバンスブログ

エバンスブログ

「理由ある大きさ、美しさ:IWC ポルトギーゼ ハンドワインド」2011年10月2日

2011-10-02 10:51

(※本文中のリンクは、サイトリニューアルのためリンク切れになっていることがございます。予めご了承ください。)

こんにちは、福永です。
本日はIWCのポルトギーゼ ハンドワインドをご紹介いたします。

ポルトギーゼと言えばドレスウォッチのスタイルを持ちながらも、その大きなサイズが独自の美しさ生み出すIWCの象徴的モデルですが、歴史は古く1930年代にまで遡ります。
当時、マリン・クロノメーターの精度を腕時計に求めたポルトガル人時計商の要求に対して、IWCが応え製作したモデルがポルトギーゼです。

ポルトギーゼ ハンドワインド
■型番 Ref.IW545404


まず一番の特徴は、最高の精度を生み出すポケットウォッチのムーブメントを腕時計に搭載した事があげられます。その結果、ムーブメントを納めるケースは大きく迫力あるスタイルとなりました。
今回ご紹介のポルトギーゼ・ハンドワインドは、当時のポケットウォッチ用ムーブメントCal.98の優れた設計を継承するCal.98295が搭載され、3/4プレートと呼ばれる堅牢な設計、精度調整に優れた長い緩急針、そして丁寧な仕上げが施された見応えのあるムーブメントは、現代に蘇った最もピュアなポルトギーゼに相応しいものと言えます。

外装面においてもプラスチック風防を彷彿とさせる、膨らみのあるサファイアクリスタルが採用されています。また、厚みのあるサファイアクリスタルの縁は丸みを持ち、クラシカルな雰囲気を演出すると同時に、衝撃に対して縁のカケのリスクを軽減できる考慮もなされています。

尾錠もまた精緻な作業を得意とするIWCらしく、手間のかかった美しい仕上がりに目を奪われます。
シャープな造形の随所には丁寧な面取りが施され、小さなパーツでありながら立体感に富み、見た目の美しさと快適な装着感を両立しています。

実際に着用するとこのようなイメージです。
44mmというケースサイズ、手巻きモデルならではの厚みを抑えた設計は、大きさだけに捕らわれない素晴らしい付け心地をもたらします。
ポルトギーゼ・ハンドワインドで、IWCの技術革新の軌跡を体感して下さい。

エバンス オンラインショップ IWC(新品・中古・アンティーク)商品一覧へ 

銀座エバンス


エバンス オンラインショップ


現金払い・銀行振込 「3%キャッシュバック」好評開催中です。

ショッピングローン分割払い 「48回まで分割無金利」好評開催中です。

キャッシュレス・ポイント還元制度 「最大5%還元」参加しています。

<LINE@査定> 撮って、送って、カンタン仮査定! <メールマガジン> 無料、入荷情報などを配信中!