エバンスブログ

エバンスブログ

カルティエで今選ぶなら/バロンブルー ドゥ カルティエ

2020-03-30 10:00

皆さまこんにちは。
いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

本日は、長い歴史のあるカルティエの中でも比較的新しいコレクション “バロンブルー ドゥ カルティエ” をご紹介いたします。

カルティエの“バロンブルー” とは

バロンブルーが誕生したのは2007年。当時、サントス・タンク・パシャ・ロードスターに続くスタンダードコレクションとして発表されました。

1904年の“サントス”誕生から始まるカルティエ腕時計の長い歴史においては、まだまだ新参者ですですが、短い期間で生産が終了してしまうこともしばしばあるカルティエの中で、現在でも男性用・女性用共にたくさんのラインナップが取り揃えられいます。

カルティエの長年愛され続けているコレクションであるタンクやサントスの陰に少々隠れ気味ではありますが、代表的なモデルのひとつとなっています。

フランス語で『青い風船』を意味する“バロンブルー”は、これまでのラウンド型とは一線を画し、その名の通り全体的に膨らみのあるフォルムが特徴的。ガラスとケースが一体となったような綺麗でふっくらとした曲線を描いていて、それは裏ブタへと続いており、同様に膨らみを持たせてあります。

タンクシリーズなど、裏ブタ側は手首に沿うようにカーブしていたり、直線的になっているものがほとんどなのに対し、逆に膨らみをもたせているところが斬新です。もちろん着け心地も申し分ありません。

バロンブルーの特徴的なリューズとリューズガード

そしてバロンブルーならではの特徴がもうひとつ。青い風船がケースに閉じ込められているかのようなデザインのリューズと、それを包み込むような形状のリューズガードです。

バロンブルーの“ブルー”は、ケース同様に丸みを帯びた球型のリューズにセッティングされた青いカボションからインスピレーションを得ているそうです。

ちなみにリューズの綺麗な青い石は、金無垢モデルにはブルーサファイヤ、それ以外のモデルには シンセティック(人工的な) ブルースピネルが使用されていますが、サファイヤに劣ることなく、どちらも目を引く美しさです。

一見操作し難そうですが、その点は問題ありません。使い易さも十分に確保されています。そのリューズの形に沿うように、文字盤のローマインデックスも内側に入り込んでいるところも見逃せないポイント。カルティエらしい細やかなこだわりを感じ、卓越したデザインと操作性が融合されています。

28mm SS×PGベゼル ブルースピネル Ref.WE902079

バロンブルーのラインナップ

バロンブルーのラインナップとして、主なサイズは< 28mm ・ 33mm ・ 36mm ・ 42mm >の4サイズに、素材は< ステンレス ・ ステンレス×PGコンビ ・ ステンレス×YGコンビ ・ ピンクゴールド無垢 ・ イエローゴールド無垢 ・ ホワイトゴールド無垢 >が取り揃えられています。ただ一般的にレディースサイズとなる28mmサイズにはイエローゴールドが使用されているモデルがなく、ステンレスとピンクゴールドのみとなっています。

以前はSMサイズ(28mm)としてステンレス×YGコンビやイエローゴールド無垢もありましたが、今では33mm以上の大きさのみの仕様に変更されているようです。

また、それぞれにブレスレットタイプとアリゲーターストラップがあったり、ケースや文字盤にダイヤモンドが配されたタイプがあったりと、どの組み合わせにするかで印象も様々に変わります。

パープル アリゲーターストラップ

ストラップにはピンクやパープルなど鮮やかなものからブラックやブラウン、ボルドーなど定番で落ち着いた色味のものまで取り揃えられているので、選ぶのが悩ましいほどです。

男性にもオススメしたいバロンブルー

レディースラインのベニュワールのように丸く柔らかいフォルムですが、エレガントさの中にどことなくマスキュランな雰囲気も持ち合わせるバロンブルーは、シンプルなモデルを着けるとクラシカルにカッコよく、ダイヤモンドが入ると華やかに手元を彩ります。

着用例 Ref. W3BB0006

また、全体的に丸みを帯びた形状から、女性メインのモデルと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。ご案内の通りたくさんのラインナップが揃っているバロンブルー。サイズや素材、文字盤やストラップの色によって表情が違っていて、その特徴的な丸みを帯びたフォルムは、スマートな印象のタンクシリーズとは違った、優しさを纏った男性らしさを感じさせてくれます。

42mm 黒文字盤 SS×ブラックアリゲーターストラップ
Ref.WSBB0003

華やかでいてカッコいい。シンプルでいてモダン。

見れば見るほどに悩ましく、そして迷う楽しさも一際のバロンブルー。これから時計選びを始める方に、ぜひオススメしたいコレクションです。

エバンス オンラインショップ バロンブルー一覧へ

銀座エバンス


エバンス オンラインショップ


(※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、営業時間を変更しています。→詳細ページへ