エバンスブログ

エバンスブログ

モデル解説:ロレックス エクスプローラーⅡ Ref.16570

2020-06-17 11:00

“ 冒険者”の名を冠する探検家用プロフェッショナル・ウォッチ「エクスプローラー」シリーズ。

エクスプローラーⅠの機能性と堅牢性を発展させ、1971年に誕生した「エクスプローラーⅡ」。洞窟内の探検家仕様として、昼夜を区別するための24時間針を備えることで、 エクスプローラーⅠと比べ、機能やデザインが大きく異なっており、独自の進化を遂げています。

ロレックス エクスプローラーⅡ Ref.216570の特徴

Ref.16570は、 「エクスプローラーⅡ」の第3世代。1988年頃から生産され、2011年に後継モデルのRef.216570が発表されたことで生産終了となっています。生産期間は20年以上と非常に長いロングセラーモデルでした。

長きにわたり生産されたRef16570。エクスプローラーのモデル名ではありますが、エクスプローラーⅠと比べるとサイズや機能、文字盤のデザインなど全く別のモデルと言えます。

固定された24時間表示のベゼルと、それに連携して使用する赤い24時間針が特徴的のエクスプローラーⅡ。洞窟や極地のような昼夜が区別できないような状況での使用が想定されているものの、GMTマスターⅡと同様の機能となっていますので、第2時間帯を表示するトラベルウォッチとしても使用できます。

ロレックスのスポーツモデルとしては珍しく、デイトナのステンレスモデルと同様に、文字盤のバリエーションはブラックとホワイトの2タイプ存在します。好みによって選択できることはもちろん、ロレックスのサービスセンタにおいて、文字盤を別のカラーに変更できるといった特徴もあります。

ロレックス エクスプローラーⅡ Ref.16570のスペック

  • 素材:ステンレス
  • ケースサイズ:直径40mm
  • ムーブメント:自動巻き( Cal.3185 → Cal.3186)
  • 防水性能:100m
  • 夜光素材:トリチウム → ルミノバ
  • 風防素材:サファイアガラス

ロレックス エクスプローラーⅡ Ref.16570の製造年

1988年頃(R番)~2011年(ランダム)  【生産終了】

ロレックス エクスプローラーⅡ Ref.16570のムーブメント

GMTマスターⅡ(Ref.16710)と同様のCal.3185が採用され、 GMT針とあわせて、異なる2カ国の時間表示を簡単に知ることができます。 また日付のクイックチェンジ機能を備え、多機能ながら操作感もスムーズで、使い勝手が良いことも人気の一因となっています。

2007年頃からムーブメントが変更され、Cal.3186が搭載されています。基本的な構造は変わらず、心臓部分であるヒゲゼンマイの素材を一新。高性能のパラクロム製ひげゼンマイを採用したことで、高い耐衝撃性と耐磁性、また気温変化に対しても精度の安定性を保ちます。

エクスプローラーII Ref.16570の商品一覧

銀座エバンス


エバンス オンラインショップ


(※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、営業時間を変更しています。→詳細ページへ