エバンスブログ

エバンスブログ

人気の予感。「パネライ サブマーシブル42MM PAM00683」2019年11月4日

2019-11-04 11:00

今回のエバンスブログは、2019年新作となるPANERAI「サブマーシブル42MM PAM00683」。最近、街で見ることが増えてきた印象もあるパネライから、使い勝手が良く、これからの人気モデルになりそうな1本をご紹介します。

1、今回のモデルの概要

こちらの「サブマーシブル 42MM」はイタリアの時計ブランド PANERAI(パネライ)の2019年新作モデル。サブマーシブルとしては小さめの42mm径サイズにセラミック製の逆回転防止ベゼルを組み合わせた、300m防水のダイバーズモデルとなります。

 

2、「パネライ」その歴史

パネライは通称で、その正式名称は「OFFICINE PANERAI(オフィチーネ パネライ)」。ここでは、その歴史を簡単にご紹介します。

  • 1860年:イタリア フィレンツェで設立。
  • その後、イタリア海軍向け精密機器や潜水部隊向けの軍用特殊時計等を手がける。
  • 1993年:民間向けの時計製造を開始。
  • 1997年:ヴァンドーム(現リシュモン)グループの傘下となる。
  • 1998年:国際的にデビュー、軍用ルーツのデカ厚時計として世界的ブランドに。
  • 2002年:スイス ヌーシャテルに自社工房をオープン
  • 2005年:初の完全自社製手巻きムーブメントP.2002を発表

イタリアのデザインとスイスの時計技術を合わせ持ったブランドであるパネライ。軍用特殊モデルを由来に持つ重厚な存在感にイタリアらしい洗練が加わり、パネライ愛用者の当店スタッフはその魅力を「飽きの来ない美しさがあるブランド」と語っておりました。
年間生産量を限定し稀少価値を保つことでも知られ、「パネリスティ」と呼ばれる熱心な愛好者を数多く生んでいるブランドです。

 

3、主要シリーズと「サブマーシブル」の位置づけ

(上写真:ルミノール (マリーナ1950) 44mm PAM01499、ルミノール (ベース ロゴ) 44mm PAM00773、ラジオミール ブティック限定 47mm PAM00604、ルミノール デュエ 42mm PAM00906)

パネライは、2019年にCEOがジャン-マルク・ポントルエ(Jean-Marc Pontroue)氏に変わり、商品ラインナップが整理されました。

現在の主要シリーズは、以下の4つです。

  • ルミノール    …大型のリューズガードを備えた軍用モデル。
  • ラジオミール   …1930年代モデルがルーツのクラシカルなシリーズ。
  • サブマーシブル  …回転ベゼルを備えたダイバーズモデル
  • ルミノール デュエ …2016年に加わった薄型でエレガントなライン

1990年代後半のデカ厚ブームを支えた「ルミノール」や「ラジオミール」を1系統ずつに整理し、新機軸である「デュエ」と「サブマーシブル」によって新しいファン層を開拓していきたいという考え方のようです。

その「サブマーシブル」は、ルミノールの派生モデルといった扱いでしたが、ここ数年、革新的なハイテク素材を使用した新作や、話題を呼ぶ特別モデルを数多く発表。2019年にはルミノールから独立、遂に単独のコレクションとなりました。今後のパネライの展開において重要な位置を占めるシリーズとなりそうです。

 

4、「サブマーシブル」とは

(上写真:47mm ブロンズ素材 PAM00671(2017)、44mm PAM00024(生産終了)、44mm チタン素材 PAM00025(生産終了)、47mm セラミック素材 PAM00508(2013))

1956年にエジプト海軍のために作られたケース径60mmの大型プロェッショナル ダイバーズウォッチを基に作られたモデルが「サブマーシブル」。1998年に発表され、生誕20年を迎えています。ルミノール同様の大型のリューズカード付きのクッションケースに、立体的なドットのマーカーを配した逆回転防止ベゼルを備えます。

サイズは47mm、44mm、42mmの3タイプ。42mmサイズは2年ほど前の2017年に加わった仕様です。(44mmサイズは現在の公式WEBでは表示されず、新品での購入は難しそうです。)

 

5、このモデル「サブマーシブル42MM」について

(47mmサイズと42mmサイズの比較。47mm径はブロンズ素材のPAM00968です。)

今回が初となる42mmケースとセラミックプレートの逆回転防止回転ベゼルの組み合わせ。47mmサイズのモデルと比べると大きさの差は歴然。厚さも2.5mmほど薄い感じです。サブマーシブルの個性や存在感は十分保ちつつ、コンパクトにまとまっており、ジャケットやシャツの邪魔にならない、腕に収まりのよいサイズ感です。

そして、こちらのPAM00683はブラックをメインカラーとしたステンレス素材の1本。つや消しのブラックセラミックベゼルが外見を引き締め、そこから少し飛び出したステンレス製のドットマーカーの視認性にも繋がっています。ベゼル・文字盤・ベルトをマットな黒でまとめた中、秒針やロゴのライトブルーのカラーもほど良く目を惹くアクセントになっています。

ベルトはケース側がアコーディオン状になったスポーティーでミリタリー感のあるラバーベルト。交換用ベルトや工具も付属しています。メーカー純正の交換ベルトには素材やカラーの展開があり、ベルト交換も楽しめそうです。ムーブメントは3日間(72時間)パワーリザーブの自動巻きキャリバーOP XXXIVを搭載しています。

なお、色違いのブルーベゼル・ブルーベルト&シャークグレー文字盤(PAM00959)も存在します。

 

6、まとめ~引き締まった外見に絶妙なサイズ感

(夜光は2色のスーパールミノヴァで視認性も高い。スーツ姿にもしっくりはまるサイズ感。)

コンパクトなセラミックベゼルのサブマーシブル。引き締まった存在感があり、装着感も上々。44mmサイズのパネライを愛用しているスタッフに腕に乗せてもらったところ、「黒ベゼルもいいし、絶妙なサイズ感」と絶賛していました。従来の熱いファン層にも響く新仕様の42mm×セラミックベゼルのモデルは、パネライのユーザー層をより広げるヒット作になりそうな1本です。

PANERAI「サブマーシブル 42MM」PAM00683
2019年発表モデル、ステンレス×セラミック、自動巻き、交換用ナイロンベルト・工具付き

銀座エバンス

現金払い・銀行振込 「3%キャッシュバック」好評開催中です。

ショッピングローン分割払い 「48回まで分割無金利」好評開催中です。

<LINE@査定> 撮って、送って、カンタン仮査定! <メールマガジン> 無料、入荷情報などを配信中!