エバンスブログ

エバンスブログ

モデル解説:ロレックス デイトナ Ref.6239/6241(ヴィンテージ)

2020-09-04 11:00

デイトナの歴史は、NASAの宇宙開発の幕開けとともに1961年に発表されたクロノグラフモデル「コスモグラフ」がベースとなっています。

“デイトナ”の名称は、1959年「デイトナ・インターナショナル・スピードウェイ」が、フロリダにオープン。それ以来、ロレックスはオフィシャルタイムピースを務めたことで関係か強まり、1963年、当時のクロノグラフモデル「コスモグラフ」に、”デイトナ”の名を冠したレース用モデル「コスモグラフ デイトナ」が誕生しました。

1988年までは、ヴァルジュー社製手巻きムーブメントを採用。1988年~2000年の間はゼニス社の自動巻ムーブメント「エル・プリメロ」をベースに製造されてきました。クロノグラフモデルにおいて他社製のムーブメントを採用してきたロレックスですが、ミレニアムイヤーである2000年にロレックス初の自社設計ムーブメント「キャリバー4130」を発表したことで、当時は大変話題となりました。

デイトナ 6239
デイトナ Ref.6239

ロレックス デイトナ Ref.6239/Ref.6241の特徴

Ref.6239、及びRef.6241は、1963年(Ref.6241は1965年頃) から続くロレックスの圧倒的人気モデル「コスモグラフ・デイトナ」のファーストモデル。ロレックス屈指のプレミアモデル誕生の原点です。

Ref.6239はステンレスベゼル、Ref.6241はブラックのプラスチックベゼルを採用しており、いずれも人気のコレクションとなっています。

デイトナ 6239 ブラック

プッシュボタンが付くことで、後の第2世代のモデルまではロレックスの特徴である『オイスターケース』は採用されず、防水性は30mとなっています。また文字盤にも“OYSTER”の記載はありません。

発売当時は小型で薄型の時計が一般的だったこともあり、厚く大型であるデイトナは斬新なデザインで、人気は今ひとつだったといいます。またカーレース用という特殊ウォッチのために需要は限られていましたが、レース時に好んで着用していたというアメリカ人俳優のポールニューマン氏の影響により人気となっていきます。

デイトナ 6239 ポールニューマン
デイトナ Ref.6239 “ポールニューマンダイアル”

ポールニューマン氏が着用していたダイアル(写真上)が人気となり、いまでは「ポールニューマン・ダイアル」と呼ばれます。今日では非常に人気のポールニューマン・ダイアル。後の第2世代、第3世代まで生産され、ヴィンテージ市場においても非常に高額で取引されています。

ロレックス デイトナ Ref.6239/6241のスペック

  • 素材:ステンレス
  • ケースサイズ:直径37mm
  • ムーブメント:手巻き( Cal.72B or Cal.722-1 )
  • 防水性能:30m
  • 夜光素材:トリチウム
  • 風防素材:プラスチック

ロレックス デイトナ Ref.6239/6241の製造年

・Ref.6239 1963年頃~1960年代後半  【生産終了】
・Ref.6241 1965年頃~1960年代後半  【生産終了】

ロレックス デイトナ Ref.6239/6241のムーブメント

手巻き-Cal.72B / Cal.722-1 (ヴァルジュー社製ベース)

パワーリザーブ:約50時間
クロノメーター:×
ハック機能:×
駆動タイプ:手巻き
振動数:18,000振動/時

記念すべきデイトナ・ファーストモデルのムーブメントは、もともとクロノグラフムーブメントとして名高いバルジュー社製の72系を採用。 ロレックス以外にも多くのブランドが採用してきた 信頼性の高いムーブメントをロレックス仕様に改良しています。

ファーストモデルでは1962年から製造されていたCal.72Bと、その改良型のCal722-1(写真)が存在。もともと実績のあるムーブメントであり、耐久性も高い仕様になっています。

ロレックス デイトナ 6239 ポールニューマンダイアル


エバンスオ ンラインショップ ロレックス デイトナRef.6239/6241の商品一覧

銀座エバンス


エバンス オンラインショップ


(※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、営業時間を変更しています。→詳細ページへ