エバンスブログ

エバンスブログ

マニュファクチュールから選ぶ高級腕時計 ゼニス「エリート エクストラ シン」

2022-07-19 11:30

例年になく、暑い日が続いております。熱中症には十分お気を付けください。

さて、本日はゼニス社の「エリート ウルトラ シン」のご案内です。

ゼニス

ゼニスは1865年、「ジョルジュ・ファーブル=ジャコ」によって、スイスのル・ロックルに創立された老舗時計メーカーです。

当時の時計業界は、それぞれの部品ごとにメーカーが存在する分業制が主流でしたが、創立者のジョルジュ・ファーブル=ジャコは 、分散している技術者を一か所に集め、同じ工房で時計製造を行っていくという自社一貫生産に挑み、大きな成功を収めました。

その後、ゼニスの代名詞となっている「エル・プリメロ」を1969年に発表し、その人気を不動のものとします。

「エル・プリメロ」とは、高い精度を維持しながらも毎時36000振動というハイビートを実現した、世界初の一体型自動巻きクロノグラフムーブメントですね。

半世紀経過した今でも傑作との呼び声は高く、多くの時計愛好家を惹きつけています。

エリート ウルトラシン


エリート ウルトラ シン
型番:03.2010.681/01.C493 (生産終了)
SOLD OUT

「エリート」とは、エル・プリメロの弟分として、1994年に誕生した毎時28800振動の薄型自動巻きムーブメントの名称ですね。

エリートのムーブメントはエル・プリメロモデル以外に搭載されており、様々なニーズに対応するためでしょうか、シンプルなモデルからパワーリザーブやデュアルタイムなど、機能別に幅広く展開されていました。

本日ご案内している「エリート ウルトラ シン」の誕生は2010年でした。

9時位置のスモールセコンド以外はシンプルなデザインですが、ステンレススティール製以外にもローズゴールド製やホワイトゴールド製などが存在し、素材のバリエーションが豊富となっている為、年代を問わず腕に馴染みやすいモデルですね。

立体的な文字盤が特徴的です。文字盤外周部が傾斜しているのですが、実は外周の目盛りに対応する長針の先端部が、傾斜に合わせるようにカーブを描いているという、こだわりの造りとなっています。

ヴィンテージというわけではございませんが、クラシカルな雰囲気で腕時計をお探しの方には大変お勧めですね。

エリート681を搭載
ケース厚8.3mmという10mmを切る驚異の薄さを実現

その他のエリート

エリート キャプテン セントラルセコンド
型番:51.2020.670/01.M2020(生産終了)
SOLD OUT

60年代の自社の時計に影響を受けて、10年ほど前に発表されたシリーズです。 エクストラ シン同様、クラシカルな雰囲気を醸し出しています。

ベイビースター エリート
型番:03.1220.67(生産終了)
SOLD OUT

32mmのレディスサイズ。エリート搭載の自動巻です。機械式時計好きの女性の皆様に好評ですね。

まとめ

流行に左右されるようなデザインではございませんので、冠婚葬祭含めて様々な状況で使いやすいモデルです。

残念ながら先週お買い上げ頂いた為、現在は在庫を切らしておりますが、ビギナーの方から時計好きの方までお勧めしたい1本です。

※その他のゼニスはこちらからどうぞ。

銀座エバンス

  • 東京都中央区銀座5-5-11(みゆき通り) 

  • TEL:

    03-6274-6740(11:30~20:00)


エバンス オンラインショップ


エバンス 時計買取専門店

  • (12:00~19:00 水曜定休)

  • 東京都中央区銀座6-9-16(ユニクロ銀座店 (すずらん通り側) 隣)