エバンスブログ

エバンスブログ

年代違いのレディース コンステレーション ユーズド2モデル/オメガ

2022-02-21 10:00

皆さまこんにちは。
いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

本日は、オメガのドレス系モデルとして特に女性からの人気が高い「コンステレーション」から、世代違いのユーズド ウォッチ2点をご紹介いたします。

オメガ コンステレーション ミニ Ref. 1466.85

レディース コンステレーション 2世代の違い

最初に、コンステレーションの特徴について簡単にご紹介いたします。

1848年に創業されたオメガの長い歴史の中で、コンステレーションが誕生したのは1952年、「星座」という意味があり、その名の表すように、6時位置には星が配されています。当時は現在とは大分異なるデザインのモデルでしたが、その後、現在のデザインの原型となっているモデル “ コンステレーション マンハッタン ” が1982年に発表となります。

この「マンハッタンモデル」からのコンステレーションの特徴としては、「3時と9時位置に配された4つの “ 爪 ” のデザイン 」、「ローマ数字が刻まれたベゼル」、「ハーフムーンデザイン」、「ブレスレット」、「裏蓋に施された天文台」が挙げられます。

その後、1995年・2003年・2009年・2018年とリニューアルされており、これらの特徴的なデザインは発表された年代によって少しずつ異なる仕様へと変化しています。

そして今回は、1995年世代の中から『コンステレーション ミニ Ref. 1466.85』、2009年世代の中から『コンステレーション タヒチ Ref. 123.20.24.60.57.005』の2モデルをご紹介させていただきます。

● 1995年世代 “ コンステレーション ミニ Ref. 1466.85 ”

まずは1995年世代から、『 コンステレーション ミニ Ref. 1466.85 』のご紹介です。


この世代のデザインの特徴としては、爪 が細く丸みを帯びた形状となっている点です。また、ケースの上下、ブレスレットとの繫ぎ目部分に弧を描くように施されたハーフムーンデザインは楕円形のような形状となっています。

そして、ケースからブレスレットへ流れる様に繋がりが良く、全体的に薄型ですので手首の馴染みの良いデザインです。ケースサイズも直径22mmと小振りで、このサイズは現在では作られていないサイズとなります。

また、ブレスレットが滑らかに動きますので着け心地の良い仕様となります。

こちらのモデルの一番のオススメポイントがツートン仕様のマザー・オブ・パールダイアルとダイヤモンドが配されたベゼルの組み合わせです。文字盤内側にはピンク、外周にはホワイトのカラーリングが可愛らしく、ベゼルに敷き詰められたダイヤモンドによって華やかな印象のモデルとなっています。

ケース・ブレスレット共に全体的にヘアライン加工が施されている中で、爪やブレスレットの駒のつなぎ目など部分的に鏡面仕上げとなっているので、メリハリがあって華美になり過ぎていない点もグッドポイント。オン・オフ問わず、アクセサリー感覚でご使用いただけます。

ケースが薄型となっていて、ブレスレットへ繋がりのあるフォルムとなっています。

ブレスレットも薄く、滑らかに動く仕様ですのでブレスレット感覚でご使用いただけます。

< オメガ コンステレーション ミニ Ref. 1466.85 (中古) の商品詳細はこちらから → https://evance.co.jp/products/detail/16145

● 2009年世代 “ コンステレーション タヒチ Ref. 123.20.24.60.57.005 ”

続きまして2009年世代から、『 コンステレーション タヒチ Ref. 123.20.24.60.57.005 』をご紹介いたします。

こちらの世代の特徴は、1995年世代と比べて爪が少し太く、平たい形状へと変化しています。また、ハーフムーンデザインもより綺麗な弧が描かれれた形状となっているのが見て取れます。

そして、ケースのフォルムが若干丸みを帯びた形状となり、少しふっくらと厚みが感じられます。ケースサイズは直径24mmと、一回り大きいサイズ感です。

ブレスレットは、ケース同様に厚みを持たせた仕様となり、コマとコマの繋ぎとなっているセンターバーもスッキリとした印象です。

今回ご紹介のモデルは、ステンレスと18Kレッドゴールドのコンビ仕様で、文字盤にはタヒチ産のマザー・オブ・パールが使用されています。見る角度や光の反射具合によって様々な色味を見せてくれ、妖艶な雰囲気に惹かれます。この文字盤に12Pのダイヤモンドが配されおり、より印象的な1本です。

こちらもまた、爪などの一部を除き、全体的にヘアライン加工が施されているので、華やかさの中にも落ち着きが感じられる仕様となっています。こちらはフォーマルな場面にぴったり。もちろん、オフの日のワンポイントとして、手首まわりを飾ってくれます。


爪が太く平面的になり、ケースが少しふっくらとした形状になっています。

ブレスレットも厚みが増し、動く範囲も抑えられた仕様です。

< オメガ コンステレーション タヒチ Ref. 123.20.24.60.57.005 (中古) の商品詳細はこちらから → https://evance.co.jp/products/detail/16619

まとめ

今回は1995年と2009年世代による違いと共に、レディース コンステレーションを2タイプご紹介いたしました。全体的なデザインは大きく変えることなく、細部の仕様に変化をもたらすことで、印象の違うモデルへリニューアルが続けられているコンステレーション。それぞれの特徴と良さがあります。

また、素材や文字盤、ダイヤモンドの有無などの違いによってもタイプは様々です。ご自身の好みに合わせて、いろいろと見比べていただくことが出来るのもユーズドウォッチの良さだと感じます。ぜひ、これからの時計選びの参考にしていただけますと幸いです。

< オメガの商品一覧はこちらから → https://evance.co.jp/user_data/omega_brand


銀座エバンス


エバンス オンラインショップ