エバンスブログ

エバンスブログ

初秋からはじめる革ベルトウォッチのすすめ

2020-08-31 10:30

ブログをご覧の皆さま、こんにちは。エバンスの渋田です。8月も最終日となる本日、いかがお過ごしでしょうか。明日から9月だというのに、残暑ならぬ猛暑が続きますね。銀座エバンスのショップでは、快適に時計選びが出来ますよう、換気はもちろんのこと、空調を全開にしてお客様をお迎えしております。暑さが少しやわらぐ夕方の時間帯は比較的混雑も少なく、ご来店にはオススメですよ。日中でも過ごしやすい時期まで、もうしばらくですね。(ショップOPEN/11:30-20:00)

さて今回は、現代版アールデコウォッチ、「フランク・ミュラー ロングアイランド」をピックアップ。シックなダイアル&ブラウニーな革ベルトで仕上げる辛口オシャレ。初秋からはじめたい、アクセントウォッチをご紹介します。

FRANCK MULLER フランク・ミュラー

スイス発、高い技術と性能、揺るぎない品質基盤をもつ「フランク・ミュラー」。革新的なアイデアとアバンギャルドな個性派スタイル。お馴染みのビザン数字インデックスに立体ケースで有名です。

創業者は、自身の名をブランドネームに冠した、”フランク・ミュラー”。天才時計師ブレゲの再来とも称された、気鋭の腕時計師です。ジュネーブの時計学校を主席で卒業後、アンティーク時計の修復で腕を磨き、その経験から様々な時計技術を習得。高い美的センスを兼ね備えたデザインはもちろん、次々と時計の機構を革新、近年を代表する多彩なメカニズムを生み出してきました。

フランクの代表的なケース、トノウカーベックスやロングアイランドに身を包まれた、カサブランカ、奇想天外な機構のクレイジーアワーズやヴェガス、色使いが斬新なカラードリームなど、フランク・ミュラー独自の画期的で大胆な世界観は圧巻です。

LONG ISLAND ロングアイランド

レディス ロングアイランド Ref.902QZ (USED)

ニューヨークから伸び出るように位置する長方形の島、“LONG ISLANDロングアイランド”。1920年代、マンハッタンに住む多くのセレブが、週末をこの島で過ごすために別荘を持ったというステータスの地がモチーフに。長く伸びた島、マンハッタンを結ぶ、大きく湾曲した橋。ラグジュアリーな着想から、当時の時代背景を象徴するアールデコスタイルを見事に現代風に取り入れた、クラシカルな角形ウォッチ「ロングアイランド」。今やフランク・ミュラーを代表する、アイコンモデルに君臨します。

スマートにしてエレガント。手首に心地よくフィットするようケースからラグラインまで滑らかなカーブを描くデザインなので、やや大ぶりながら実際につけてみるとおさまりよく、どんなスタイリングにも上品に調和します。

アールデコを現代風に表現した美しい佇まい

文字盤の中心部から放射状に広がるギョウシェにフランク・ミュラー独自の手法である、インデックスの〝レリーフ(通称:ミラー・鏡面)仕上げ″。文字盤の裏側から叩いて、数字を浮かび上がらせるというもの。

文字盤いっぱいに描かれた躍動感あるビザン数字ですが、鏡面色(シルバー)なのでダイアル上では程よい存在感。スペード♠型の時針、楕円のメモリなども特徴的でアールデコを現代風に仕上げた美しいダイアルを表現。デイリーの洋服の色合わせにも重宝します。

スタッフも買った!フランク オススメの声

つい先日、フランク・ミュラーを購入した女子スタッフがおります。これまでロレックスのブレスレットタイプだった彼女が、この秋、革ベルトタイプへシフト。新時計に纏われ、彼女がキラキラと眩しい。悩んでいたけれど(そんなに悩んでいなかったか…)、買ってよかったね♡と、いつも隣でうっとり見とれております。周りからの評判もよいそうで、納得の買い物だったとか。

コレ!という1本があったとき、彼女のように男気ある(素敵な女性です)決断ができるよう、今日もエバンスウォッチ パトロール!と、その前に私には先立つものの準備からです。笑

正統派モデルからフランク・ミュラーへ。

彼女のようにロレックス、またブレスレットタイプをメインで使っていた方にはブランドウォッチの2代目として選ぶのにはオススメのブランド。少し遊び心が欲しい、ちょっぴり冒険してみたい、そんな選び方ができるのもの2本目ならでは。難しい機能もありませんので、ファーストウォッチとして、お選びいただくにも問題ありません。

ダイアルがシルバーでありレリーフインデックス(シルバー系)なので、いい意味で主張がなく、ファッションコーディネイトの邪魔にならない、マストアイテムに。

将来的にブラウンのベルトからネイビーやくすみ系などの色に挑戦することも考えているのだとか。初秋のオシャレが愉しみですね。

今回私がご紹介している同モデルではありませんが、角形ケースが得意なフランク・ミュラーの革ベルトタイプを代表して、スタッフオススメの声をレポートしてみました。

色モノの革ベルトタイプなど、是非チェックなさってみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

フランク・ミュラー
ロングアイランドUSED

銀座エバンス


エバンス オンラインショップ


(※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、営業時間を変更しています。→詳細ページへ