エバンスブログ

エバンスブログ

「歴史が紡ぐ逸品:ブレゲ クラシックRef.3330」12月19日

2016-12-20 12:53

(※本文中のリンクは、サイトリニューアルのためリンク切れになっていることがございます。予めご了承ください。)

ブログをご覧の皆さまこんにちは、銀座エバンスの福永です。
本日はブレゲのクラシックをご紹介いたします。時分針を中心からずらすことで生まれた余白に、ディスクカレンダーと大きなムーンフェイズを象徴的にレイアウトしたエキセントリックダイヤルが印象に残るモデルです。

クラシック Ref.3330BA

こちらのモデルのモチーフとなった時計は、およそ2世紀前に作り上げられた複雑機構を備えた懐中時計No.3833と言われており、一見シンプルに見える左右対称のレイアウトは、その絶妙なバランス故に独自の世界観を生み出しています。
細部にはブレゲならではの要素が散りばめられています。ダイヤルには緻密なギョウシェが施され、美しさと視認性の高さが両立されています。針もまたブレゲが考案したとされる形状を持っており、後世に受け継がれる普遍性を備えています。

ケースサイドのコインエッジ、ほっそりとしたフォルムの中にも豊かな丸みを帯びたラグの形状も、ブレゲウォッチを特徴付ける要素として認識され、手にする喜びを感じて頂けるのではないでしょうか。

ブレゲによる様々な時計機構、そして造形的な発明は現在においても脈々と受け継がれ、多くのブランドに影響を与えていることに疑いの余地がありません。もはや、時計史において伝説と化しているブレゲですが、何者にも染まらないスタイルは製品を手にして初めて理解できる部分も多いはずです。同価格帯にはパテックフィリップ、オーデマピゲをはじめ実に多くの選択肢がありますが、それらとは一線を画す唯一無二の魅力を持ったブレゲをお確かめください。

銀座エバンス

現金払い・銀行振込 「3%キャッシュバック」好評開催中です。

ショッピングローン分割払い 「48回まで分割無金利」好評開催中です。

<LINE@査定> 撮って、送って、カンタン仮査定! <メールマガジン> 無料、入荷情報などを配信中!