03-6274-6740

店舗:11:00-20:00年中無休

通販:土日定休(祝日は営業)

03-6274-6740

店舗:11:00-20:00年中無休

通販:土日定休(祝日は営業)

  • 3%キャッシュバック
  • 買取保証
  • 5日間返品保証
  • 3%キャッシュバック
  • 買取保証
  • 5日間返品保証

MILGAUSS

ミルガウス

高い耐磁性能を備えた科学分野向けの時計

X線を扱う医師や、発電所で働く技師といった強い磁場の存在する職場で働く人々のために作られたロレックスを代表する耐磁時計「オイスター・パーペチュアル・ミルガウス」。名前の由来はフランス語のmill(数字の1000)とgauss(磁束密度の単位)で文字通り1000ガウスもの磁束密度に耐えられる耐磁性を実現したモデルです。

究極の実用時計を目指すロレックスは、1950年代に入ると、冒険家用の腕時計や潜水時計など特殊任務に着手するプロフェッショナルのための時計製造を行いました。

そうした中で1956年に登場したミルガウスは、ムーブメントを耐磁性の軟鉄素材ケースで覆うことによって耐磁性を実現しましたが、耐磁という目に見えない機能は当時の市場では理解させず、1980年代に姿を消すことになりました。 しかし、磁気製品が身近なものとなった現代社会では、磁気が時計に及ぼす影響が大きくなり、耐磁性のある腕時計の重要性が高まっています。2007年のバーゼルワールドで復活を果たした「ミルガウス」は復活するべくして復活したモデルと言えるでしょう。

Features特徴

「ミルガウス」の最大の特徴は、その高い耐磁性能です。水や、埃と違い、磁気は目に見えないため、普段気にすることはほとんどありませんが、テクノロジーが進んだ現代では、磁気を発生させる多くの機器が溢れています。一般的な機械式時計の場合、磁場の影響を受けやすく、磁気が内部に入る事で、精度不良を起こしてしまいます。

例えば携帯電話のスピーカー部分に密着した場合、22,400A/mもの磁気にさらされます。一般的な時計に規定されている耐磁性能は60ガウス(4,800A/m)となりますので、密着状態でなくとも磁気の影響を受けやすいでしょう。

「ミルガウス」は、1,000ガウス(80,000A/mに相当する)もの強力な磁束密度に耐えられる特別なケース設計がされています。オイスターケースと強磁性の軟鉄製インナーケースによる2重構造になっており、オイスターケースのねじ込み式裏蓋を開けると、さらに軟鉄製インナーケースの裏蓋が現れます。内部の裏蓋には磁束密度の記号である"B"と矢印の刻印がされており、この裏蓋の機能を表しています。このインナーケースの裏蓋もねじ込み式で、磁気からムーブメントを守るためにしっかり包み込みこんでいます。さらに日付表示を無くすことで、開口部分を可能な限り少なくするなど、磁気の侵入に対する対策が徹底されている「ミルガウス」は究極の耐磁時計と言えます。

Case Bezel Bracelet外装の特徴

時計業界ではロレックスのみが使用するステンレス素材【904Lスティール】を使用しています。(強度は高級ステンレス316Lの2倍以上。本来は化学産業の分野で用いられ、堅牢で研磨性。耐蝕性に優れています。) 耐磁性の高い2重構造ケースによって厚みがありますが、すべての面に丁寧な鏡面仕上げがされ、厚みがありながらも、バランスのとれた美しいデザインとなっています。

ブレスレットの中央部分には鏡面仕上げが施され、高級感のある仕上がりになっています。バックル部分には特許を取得した「イージーリンク」と呼ばれる約5mm単位でブレスレットの微調整が可能。どのような環境でも腕になじみ、最適な装着感がえられます。

Dial文字盤の特徴

  • ミルガウスのバリエーションには、ホワイトダイヤルとブラックダイヤル、さらにブラック及びブルーダイアルにグリーンサファイアガラスを使用したモデルの4種類あります。(ブラック、ホワイトダイアルは生産終了)、文字盤のカラーデザインは全て異なりますが、各デザインとも秒針のオレンジにあわせて文字盤にもオレンジが配色され、統一感を出しています。そのイナズマの形をした秒針は、幻のモデルとも言われる初代ミルガウスRef.6541に初めて搭載され、ミルガウスのデザインを印象付ける最大の特徴となっています。

    また、ロレックスのコーポレートカラーであるグリーンのサファイアガラスを使用した116400GVは、発売当初は品薄状態が続き、プレミア価格が付くほどでした。"GV"はGlace Verteの略で、フランス語で"緑のガラス"という意味です。時計業界では初めてロレックスが使用しました。

Movementムーブメントの特徴

ミルガウスのムーブメントには、ロレックスの基本ムーブメントであるCal.3135に、耐磁用の専用パーツを使用したミルガウス専用ムーブメントCal.3131を搭載。ミルガウス独自のパーツとして常磁性素材の非晶質合金をアンクルとガンギ車に使用することにより、極めて高い耐磁性を実現しています。

また、ヒゲゼンマイの素材にパラクロムを採用することで、素材の特性上、磁気の影響をほとんど受けず、さらに耐衝撃性、精度の安定性が一段と向上しています。

ロレックスの大きな特徴として挙げられる日付表示さえも廃して耐磁性に特化したモデル「ミルガウス」。現在生産している機械式時計の中でもトップクラスの耐磁性を実現しています。ミルガウスは、時代のニーズにマッチした直径40mmという存在感のあるサイズとオリジナルのデザインの名残を留めた一目でミルガウスと分かる伝統的なデザイン、そしてロレックスの最新技術を終結させた最強の耐磁時計と言えるでしょう。

ミルガウスの商品一覧へ

カテゴリ一覧

ページトップへ