エバンスブログ

エバンスブログ

ロレックスの2023年発表モデルから2024年新作を予想してみた

2023-04-17 11:30

エバンス オンラインショップ担当の大貫です。

先日の2023年3月27日に発表されたロレックスの新作。ここ数年デイトナのモデルチェンジの噂はありましたので、“順当”と言えますが、プラチナモデルのシースルーバック仕様は驚きました。早く実機を見てみたいところです。

2023年モデルが発表されたことで、早くも来年の新作が気になっているのは、私だけではないでしょう。では早速今回の発表モデルから、2024年の新作ロレックスを予想してみたいと思います。

2023年に発表のロレックスは・・・

まず2023年に発表となったモデルと言えば。

ロレックス公式サイトより
【2023年新作】 デイトナ フルモデルチェンジ
ロレックス公式サイトより
【2023年新作】 チェリーニ改めドレスラインの「1908」
ロレックス公式サイトより
【2023年新作】 イエローゴールド使用のGMTマスター復活
ロレックス公式サイトより
【2023年新作】 スカイドゥエラーのマイナーチェンジ
ロレックス公式サイトより
【2023年新作】 40mm径のエクスプローラーⅠが追加
ロレックス公式サイトより
【2023年新作】 チタン製のヨットマスター登場
ロレックス公式サイトより
【2023年新作】 希少性の高い貴石ダイアルが追加
ロレックス公式サイトより
【2023年新作】 ロレックスらしくないポップなダイアルが追加

今年は結構なインパクトがありました。特にシースルーバック仕様。ロレックスのシーススルーバックと言えば、 創業100周年となる2005年に復刻された「チェリーニ・プリンス」。ロレックス初のシースルーバックということで話題になりましたが、 手巻でボリュームのある角形モデルは、当時は万人受けしなかったと記憶しています。

今回はロレックスらしいパーペチュアル(自動巻き)であり、ドレス系の「1908」に加え、プラチナの高額モデルですが、デイトナに採用されるなど、今後が楽しみな2023年の新作でした。

2005年発表のチェリーニ・プリンス

2024年がアニバーサリーイヤーとなるモデル

ますは、恒例ではありますが、2024年が節目となるモデルをチェック。2023年はデイトナ誕生60周年&プラチナ製デイトナ誕生10周年でした。また エクスプローラー誕生70周年でしたので、一部該当します。この関係性は重要ですね。

  • ナショナル・ジオグラフィックとのパートナーシップ締結:70周年
  • ヨットマスター ボーイズ&レディースモデル発売:30周年
  • ターノグラフ発表:20周年
  • デイトナ “レパード”「 116598SACO」 発表:20周年
  • シードゥエラー4000「116600」発表:10周年

上記を踏まえて2024年新作の予想をしてみたいと思います。


2024年の新作ロレックス予想

ロレックスが次世代型の新型ムーブメントへと徐々モデルチェンジが進んでおり、2017年にシードゥエラー、2018年にGMTマスター、2019年にヨットマスター、2020年にサブマリーナー、2021年にエクスプローラー、2022年にエアキング、そして今年2023年ではデイトナとスカイドゥエラーがモデルチェンジとなり、ミルガウスは生産終了。ほとんどのモデルが次世代ムーブメントへ切り替わりました。そうなると未だ旧型ムーブメントを採用しているシリーズは残り1つだけですので、おのずと予想ができますね。

また、チタン素材のバリエーションも気になるところです。2022年10月に突如発表された「ディープシー チャレンジ」と2023年発表の「ヨットマスター42」。2022年の10月という時期外れに発表された「ディープシー チャレンジ」で初めてオールチタンが採用され、2023年ではヨットマスターの追加バリエーションモデルが発表されています。 となると、2024年もチタンモデルが期待できそうです。

他には、新コレクションとして発表された「1908」の追加バリエーション。シースルーバックの採用モデルが他モデルへ波及していくのかという点ですかね。


2024年ロレックス新作予想① 新型ヨットマスターⅡ

これまでのムーブメント刷新の流れから、旧ムーブメントで残っているのが、「ヨットマスターⅡ」。デイトナの様にフルモデルチェンジか、スカイドゥエラーの様にムーブメントのみの変更に留まるか、またはミルガウスのと同様に生産終了となるのか。

ヨットマスターⅡ 「116681」

2024年ロレックス新作予想② チタン製シードエラー

2022年10月に発表された「ディープシー チェレンジ」ではチタンを採用し軽量化しているとはいえ、ケースサイズが直径50mm、厚さ23mmと超大型。日常使いには向きませんので、デイリーユースを目的した現行モデルのシードエラーをベースとしたチタンモデルが予想されます。

126600の“赤シード”か、136660の「ディープシー」か。いずれかのチタンモデルが予想されますね。特に海水に対しては耐蝕性に優れるチタンが最適と言えますので、将来的に全モデルがチタン素材となる可能性もあります。

日本公式サイトより
2022年10月発表「ディープシーチャレンジ」(左)

2024年ロレックス新作予想③ ターノグラフの復活

2004年誕生したターノグラフ。2024年で誕生20周年となりますので、個人的に期待しているモデルです。デイトジャストをベースとしたスタンダードなデザインの中に、程よいスポーティさが良い雰囲気ですね。 ターノグラフは中古市場でも人気は高いので、かなり需要はあると思います。

デイトジャスト ターノグラフ 「116264」

2024年ロレックス新作予想④ 新型デイトナ レパード

こちらも誕生から20周年となるデイトナ レパード。人気とは言い難いモデルでしたが、希少性と話題性もあり生産終了後に人気が高騰しました。エバンスとしても少なからず縁のあるモデルなので、楽しみです。

デイトナ “レパード”「 116598SACO」

2024年ロレックス新作予想⑤ 女性向けヨットマスター

ロレックス初となる女性向けのスポーツモデルは、1994年に発表されたヨットマスター。当初はイエローゴールド素材のみで、レディース(ケース径29mm)とボーイズ(ケース径34mm)が同時に発表され、話題となりました。その後、コンビ仕様や一部にプラチナを使用した「ロレジウム」が展開されましたが、2014年に生産終了となっています。

発表から30年、生産終了から10年ですから、2024年は区切りの良い年になりますね。

レディース ヨットマスター「169628」

2024年の新作発表時期

来年もW&Wでの発表となる可能性は高いと思われます。時期としては今回と同じように2024年3月下旬頃となるでしょう。

これまで硬派なイメージだったロレックスですが、チタン素材やシースルーバック仕様、ポップなカラーダイアルなど、流行に合わせた新作を出してきたことで、今後のバリエーションが広がるように思います。個人的には、ロレックスのシースルーバック化は少し残念な気持ちです。もちろん需要が高いことと承知していますが、複雑です。

ともあれ、来年の新作も楽しみに待ちたいと思います。


銀座エバンス

  • 東京都中央区銀座5-5-11(みゆき通り) 

  • TEL:

    03-6274-6740(11:00~20:00)


エバンス オンラインショップ


エバンス 時計買取専門店

  • (2024年2月18日に営業終了いたしました)