エバンスブログ

エバンスブログ

2021年にディスコン&モデルチェンジとなる、ウワサのロレックス3選

2021-03-19 11:30

エバンス オンラインショップ担当の大貫です。

2021年に入り、各社少しずつ新作モデルを発表していますね。コロナウイルスの感染拡大の影響により、オンライン上で発表が中心ですが、今後の大きなイベントとして、旧ジュネーブサロン(SIHH)に代わり、新たな時計の新作イベントとなる、W&W(WATCHES & WONDERS Geneva )が、4月7日から 13日にオンラインで開催予定となっています。

気になるロレックスはというと、昨年バーゼルワールドを脱退したことが話題となりましたが、2021年の W&W の参加ブランドの中に『ロレックス』の名前があります。

なので、ロレックスにおいても4月7日(水)に新作の発表があるでしょう。

https://www.watchesandwonders.com/en

ちなみにバーゼル脱退組の「パテック フィリップ」「シャネル」「ショパール」 「チューダー」 の名前もあります。バーゼルワールド( 2021年は中止)の方は寂しくなりそうです。

さて、毎年楽しみとなっているロレックスの新作モデル。それに伴い生産終了モデルが非常に注目されるのもロレックスならでは。ロレックスほど話題になるブランドはありませんね。そこで今回は『モデルチェンジが噂されるロレックス』をピックアップしてみたいと思います。

2021年 生産終了予想① エクスプローラーⅡ[Ref.216570]

まず大本命とされているのがエクスプローラーⅡ。 現在のモデル「216570」は、2011年に誕生し、2021年で10年目とキリが良く、それ以上に2021年はエクスプローラーⅡ誕生50周年を迎える記念すべき年となりますので、これまでの慣例からするとモデルチェンジの可能性大。

生産終了の予想しやすいモデルの為、現状は非常に品薄となっています。いま特にホワイトダイルが人気で、新品はもとより中古品の価格も高騰中です。比較的ブラックダイアルの値上がり率は緩やかなので、購入を検討されている方は黒文字盤がお勧めです。

エクスプローラーⅡ 216570

2021年 生産終了予想② エクスプローラーⅠ[Ref.214270]

以前のブログ「ロレックスの2021年新作はエクスプローラーで確定か?2020年新作サブマリーナーから考察」(2020/09/25)にてご案内しましたが、エクスプローラーⅠ「214270」もモデルチェンジ候補の筆頭と言えます。

昨年、2020年に発表された新型サブマリーナや、オイスターパーペチュアルに搭載された“デイト無し”の次世代ムーブメントCal.3230が開発されたことで、新エクスプローラーⅠの下準備が出来たことになります。

214270では、インデックスの夜光の有無で前期、後期に分かれますが、生産が終了となると、前期が6年間、後期が5年間と後期モデルの生産期間が短くなりますので、今後の価格の推移が気になるところです。2010年に誕生してから今年で11年。デザインがシンプルな分、次世代モデルが非常に気になりますね。

エクスプローラーⅠ 214270

2021年 生産終了予想③ デイトナ[Ref.116500LN 他]

最近モデルチェンジの噂を聞くようになってきたのが超絶人気モデル「デイトナ」です。特に人気のステンレスモデル「116500LN」は、2016年に誕生。モデルチェンジとなれば、比較的早いサイクルで世代交代となります。

理由としてはムーブメントの刷新です。現在デイトナシリーズに搭載のムーブメント『Cal. 4130』は、2000年に誕生したロングセラー機で、20年以上デイトナに使用されています。非常に完成度が高く、現在の他ブランドのクロノグラフムーブメントと比較しても遜色ないものの、「そろそろ新型クロノグラフムーブメントが出る」といった話が出てもおかしくありません。ただ2016年からまだ日が浅いということもあり、懐疑的と言わざるを得ません。

しかしながら、現在上記2モデルと同様に、116500LNの価格は高騰中で、ゴールドモデルも同様です。こちらも市場流通量が少ない現状となっています。

『もし仮に』現在のデイトナが生産終了となれば、もともとの生産数の少なさ、生産年数の短さを考えると、かなりのレアモデルと化します。そういったことを見据え、現在在庫を確保しているユーザーも多くいるようで、非常に気になるところです。

デイトナ 116500LN

他にもある生産終了のウワサ

上記モデル以外では、『ミルガウス 116400GV』や『エアキング 116900』の予想も少なからず見られます。どちらもムーブメントは同じ【Cal.3131】を搭載しており、耐磁機能に特化したムーブメントです。

【Cal.3131】 は、2020年で生産終了となった日付無しのサブマリーナ「114060」や、今回ウワサのエクスプローラーⅠ「214270」に搭載の『Cal.3132』をベースに耐磁機能を加えたものになっています。

旧型の『31系』キャリバー、次世代型の『32系』キャリバーと言われていますので、 ムーブメントの次世代化を進めているロレックスでは、 この辺りのテコ入れも図るものと思われます。

ミルガウス
ミルガウス 116400GV
エアキング 116900
エアキング 116900

2021年の新作発表もあと1か月

例年、生産終了モデルや新作の予想は盛り上がるコンテンツですね。予想している時間が楽しいということもあります。何はともあれ、あと1か月ほどで新作が出そろうと思いますので、それまで楽しみに待ちたいところです。

新作が発表され次第、またご案内したいと思います。


追記)ロレックス2021年新作が4月7日に発表されました

4月7日夜、ロレックス公式サイト上で新作が発表されました。その概要をブログ記事にまとめました。
【速報】ロレックスの2021年新作モデル発表!!今回のサプライズモデルは?

銀座エバンス


エバンス オンラインショップ


(※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、営業時間を変更しています。→詳細ページへ