エバンスブログ

エバンスブログ

ロレックスの2020年の新作は、9月1日発表の見込み

2020-08-26 20:00

エバンス オンラインショップ担当の大貫です。これまでロレックスの2020年新作の予想を記事にしており、発表は2021年になるとの予想をしてきましたが、タイトルの通り、2020年9月1日(火)に発表となる様です。

8月26日に下記のような画像がロレックスの公式ホームページに掲載。9月1日に新作発表と案内が掲載されています。2020年の新作発表の見本市であるバーゼルワールドが延期(2021年1月)となり、その後、ロレックスはバーゼルワールドを脱退を表明。以降新作に関するアナウンスは全くなたっかので、2020年度の発表はないのかと思っていました。

ブログをご覧の皆様、深くお詫び申し上げます。

ロレックス 公式サイト

ロレックス公式サイトの情報から新作を予想

ロレックスの公式サイトのトップページで案内がありますが、もちろん新作の時計そのものが掲載されているわけではありません。ダークトーンでわかりにくい映像ではありますが、3段階で映像が切り替わており、ヒントが見られますね。 サイトに掲載されている情報から推測してみたいと思います。


水中の中の気泡

まず最初に表示されるのが、「水中」のようなイメージ。ダイバーウォッチっぽい雰囲気で、サブマリーナの可能性は高いと思います。同じダイバーモデルであるシードゥエラー系は、2017年~2019年に一新されていますので、未だ旧型ムーブメントが積まれている『サブマリーナ・デイト』、『サブマリーナ・ノンデイト』が妥当でしょうか。


海の波

こちらも「海」連想させる映像です。海=サブマリーナという印象ですが、『ヨットマスター』とも言えますね。ただ、ヨットマスターは2019年にモデルチェンジを行ったばかり。ヨットマスターではないと思いますが、『ヨットマスターⅡ』の可能性も捨てきれません。


逆三角形のアワーマーカー(8/28削除)

https://www.rolex.com/ja

映像では、スポーツ系の文字盤に採用されている12時位置の逆三角形アワーマーカーが最後に飛び込ん出来ます。このアワーマーカーは、サブマリーナだけでなく、エクスプローラー、GMTマスターなどスポーツ系の文字盤に採用されている視認性の高いもの。上記の流れ言うと「サブマリーナ」である可能性は高いと言わざるを得ません。

また、この部分をクローズアップするということは、他に何か意味があるのかもしれません。夜光の新素材?文字盤デザインの刷新?意味深の映像です。

2020年8月28日更新の新画像

上記のアワーマーカーの画像が削除され、『新たな画像』と『タイトル』が更新されています。タイトルは、“OUT OF THE BLUE” 。直訳では「青の中から」ということですので、サブマリーナのブルー系新型?と思いましたが、実際には「出し抜けに」、「思いがけなく」、「突然に」という意味になりますので、突然の新作発表ということですね。

上記の“アワーマーカー画像”に代わり2つの画像が追加されています。一つはリケース側面の画像。もう一つはインデックスの画像です。

暗くわかりにくいと思いますが、リューズの種類がサブマリーナに採用されている防水性の高い『トリプロックリューズ』ということが分かります。また回転ベゼルも確認できます。

もう一つが、視認性の高いインデックスの画像。まず上の画像を見て思うのが、『日付が無い!』ということと、ちょっと『ドットが大きい』印象がありますね。

ドットが大きいモデルだと・・・

ヨットマスター42があります。『42ミリ!?』


これまでの新作予想

上記のようなヒントから、サブマリーナのモデルチェンジが予想されます。このところ次世代ムーブメントへの刷新の流れがあり、日付つき3針のスタンダードムーブメントは、「サブマリーナ・デイト」と「デイトジャスト31」のみ。リファレンス(型番)は『Ref.126610』となるでしょう。

また、8月28日の新たな画像から日付無しのサブマリーナ(Ref.114060)のモデルチェンジも考えられます。

気になるのは、ベゼルや文字盤の『色』。ステンレスだけでなく、コンビやゴールドモデルもモデルチェンジになることから、これまでにない配色のサブマリーナが誕生するかもしれませんね。

今年に入り、2020年の新作予想やディスコン(生産終了)予想をしています。予想が当たるのか、個人的に気になるところです。


全く新しいモデルの可能性

個人的に、いまブログを書いていて思いついたのが、「まったく新たなモデルの可能性もあるかも」ということです。と言うのもエクスプローラー、GMTマスター、ヨットマスターでは、『Ⅱ』があり、サブマリーナーであってもおかしくはないのでは? と、ふと思いつきました。(過去にはデイトジャストⅡ、デイデイトⅡも存在)

『サブマリーナーⅡ』?

なんだか聞き慣れない名称ですね。

ヨットマスターⅡでは、カウントダウン・クロノグラフを搭載したレガッタウォッチ。仮にサブマリーナーⅡが出た場合でも、何かしらの付加機能が付くことになると思います。

例えばダイビング等で必要そうな機能というと、『タイドグラフ』、『ムーンフェイズ(月齢)』、『パワーリザーブ』、『インナーベゼル』、 『デプスゲージ(水深計)』等々。または海水に耐性がある『チタンモデル』ということも・・・

毎年のことですが、想像しているときが楽しいですね。来週の9月1日には、これまでの予想に反する新作を見てみたいところです。

サブマリーナ・デイト Ref.116610LN

生産終了となるサブマリーナ・デイトは価格が高騰するのか?

通常スポーツモデルの場合、モデルチェンジをすると、旧型の新品はあっという間に市場から姿を消します。流通量が減ることで価格が高騰するのですが、個人的な見た出では、大きく変動することはないと思います。

型番が1166☓☓~1266☓☓になる見通しですが、ムーブメントの刷新が中心になるため、 文字盤の6時位置に王冠マークが入るぐらいで、 デザインはほどんど変わらないでしょう。見た目にそれほど変化がない場合は、前モデルに関して、大きく値が動くとは思えません。

6時位置の王冠マーク

ただし発表直後は、関連するモデルの流通量が減ってくると思いますので、気になっているいる方は早めにご検討した方が良いと思います。なお予想はしていますが、今後どうなっていくのか誰にもわかりませんので、ご決断は自己判断でお願いいたします。

追記:9月1日 新作発表されました

追記:9月7日 新型入荷しました


銀座エバンス


エバンス オンラインショップ


(※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、営業時間を変更しています。→詳細ページへ